水虫が英語で「athlete’s foot」と呼ばれる由来は何?

先日の投稿「水虫になった」は英語でなんて言う?で、水虫が英語で「athlete’s foot」と呼ばれることを学びました。

「water insect とかじゃないんだ」という驚きと共に疑問に思うことが由来は何なんだろうということ。

そこで「why is it called athlete’s foot」と検索をして調べてみました♪

正にドンピシャの回答を見つけたので英語の勉強をしながら確認しましょう^^

It’s called athlete’s foot because athletes often get it.

アスリートがよく(水虫に)かかる/なることからアスリートフットと呼ばれる。

The fungus that causes it can be found where athletes often are.

それ(水虫)を引き起こす菌類がアスリートがいるところで見つかるためである。

※ fungus は「菌類」という意味

The fungus grows on the warm, damp surfaces around pools, public showers, and locker rooms.

その菌はロッカールーム、公共シャワー、プールなどにある温かくてじめじめした地面(表面)で育つ。

※surfaceは「表面」という意味

People walk barefoot on these surfaces and fungus ends up on their feet.

人がこれらの場所を裸足で歩くことで菌が彼らの足につくのである。

Or they might use a damp towel that has the athlete’s foot fungus on it.

もしくは、彼らは水虫菌が付いた湿ったタオルを使っているかもしれない。

But anyone can get this infection.

しかし(アスリートに限らず)誰もがこの感染症にかかり得る。

People with sweaty or damp feet are at risk.

汗かきの人や湿った足の人は危険な状態である。

Walking barefoot where others also walk barefoot is one way the fungus can get on your feet in the first place.

そもそも、他の人が裸足で歩くところを自分も裸足で歩く行為がこの菌を足につける可能性の一つになっている。

That’s why your mom or dad might say to wear flip-flops when you’re showering in a public shower.

だからお母さんやお父さんは公共シャワーを使うときにはサンダルを着用するように言うかもしれない。

※flip-flopsは「サンダル」のこと。

 

さて、いかがでしたでしょうか?なぜ水虫が英語で「athlete’s foot」(アスリートフット)と呼ばれるか分かりましたね。

もし知らない人がいたらドヤ顔で教えてあげてください(笑)