英語留学におすすめの国?これを読めばもう迷わない

英語を勉強する人の憧れと言っても過言ではない「海外留学」。思い切って会社を辞めて留学だ!なんてことを計画している人もいますよね。いるはずです、いっぱい見ましたから(笑)裕福な人や自由人を覗いて、留学は何度も何度も出来るものではありませんよね。たった一度かもしれない留学でどこの国に行こうかなーと悩んでいる人へ、痒い所に手が届く留学解説いたします。

 

留学は大きく分けて2つある

一言で英語留学と言っても、最近では大きく分けて2つの留学先へ分けることができます。それは以下の2つ。

  • アメリカやイギリスなど英語ネイティブの住む国への留学
  • ネイティブではないが英語を公用語とする国への格安留学

それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ネイティブ国への留学

ネイティブ国と言えばパッと思いつくのは、以下の国々です。

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • アイルランド

これらの国は先進国に名を連ねるので留学費用が大変高額になることは聞いたことがあると思います。ネイティブ国への留学のメリットはもちろん英語を母国語として操る人たちから生きた英語を学べること。これらの国への留学は正に憧れの英語留学そのものであり、留学の王道と言えます。

 

しかしこのメリットには注意が必要です。それはどういうことかと言うと、生きた英語を学べるのは学校ではありません。生きた英語は町中にあります。例え上記のような国へ留学しても、大半の時間を語学学校の中で過ごすのであれば、そこで身につくのは学校英語または教科書英語と呼ばれるものであって、日本で学べる英語と大差ありません。

これらの国への留学が効果を出すのは主に、中学・高校での交換留学と現地大学への入学です。つまりネイティブと一緒に学ぶところです。語学学校は英語が出来ない人が集まるところなので先生以外ネイティブはいません。私の知り合いで高校生の頃に交換留学して英語ペラペラになった人が「高校だと外国人が珍しいからちやほやされて友達を作りやすかった。交換留学なら高校までがおすすめ」と言っていました。また、現地の4年生大学で長期留学することでネイティブレベルに到達した人たちを何名か知っています。

 

現地の中学・高校・大学でネイティブと過ごす正規留学は英語がめちゃくちゃ伸びる。英語ができない人が集まる語学学校へ通う留学は伸び悩むという図式が多少あります。もちろん全てではなく、語学留学で英語ペラペラになる人もいますし、アメリカの四大を出てもあまりスピーキングが得意でない人もいます。(←私の昔の同僚がそうでした)

結論として、しっかり準備のできる人であれば、これらの国へは英語が出来るようになってから行ったほうがコスパはいいです。語学学校ではない現地の大学・専門学校へ入るか、または仕事を見つけて就労ビザで行くと英語がとんでもないレベルまで跳ね上がる可能性大です。英語が出来ない人が行くと宝の持ち腐れ感が少しあります。例えていえば、日本でプロ野球選手になれてないのにいきなりメジャー挑戦するイメージでしょうか。

 

格安英語留学

最近注目されているのがこの格安英語留学。格安留学国として名が挙がるのはこういった国です。

  • フィリピン
  • フィジー
  • マレーシア
  • インド
  • マルタ
  • 南アフリカ

これらの国に共通しているのは、英語は母国語ではないけれども、現地の言葉にプラスして英語が国の公用語になっているところです。そして、発展途上国であることから物価が安い(厳密には現地の人件費が安い)ために留学費用が格段に安いという特徴があります。(南アフリカに住んでいる人の多くは英語が母国語だったかと思います)

国によって英語レベルの高さは異なりますが、日本人に最近人気なのはフィリピンでしょうか。それは何故かと言うと、上に名前が挙がった国の中で唯一フィリピンだけが授業をマンツーマンレッスン主体で提供しているからです。私も最初はフィジー留学を検討していたのですが、フィリピン留学の噂を聞きつけそれが功を奏しました。合計費用は同じくらいなのに、授業の中身が段違いなんです。ほぼ全てグループレッスンのその他の国と、ほぼ全てマンツーマンレッスンのフィリピンを比べたらその差は一目瞭然。金額だけを見るのでなくその中身を見なければいけません。

 

そしてフィリピン人講師の英語レベルは格段に高いです。アメリカ人を相手にするコールセンターの多くがフィリピンへ集まってるのがその証拠。ネイティブと比べてはいけませんが、非ネイティブとして考えると非常に高い英語力を持っているのがフィリピン人講師たちです。フィリピン人全員が英語が得意なわけではないのですが、講師をしている人の中にはネイティブ並みの力を持った人がいます

やはりマンツーマンというのは強力で、英語学習のことだけを考えるとフィリピンがおすすめですが、英語学習以外の部分で他の国を選ぶのは良いと思います。1クラスに何人もいるようなグループクラスでは英語を勉強することはできますが、英語を話せるようにはならないんです。この点はネイティブ国留学でも言えることですね。マンツーマンの学校は基本ありませんので。

 

レベルと期間で分けるおすすめ留学先

それでは、留学を検討している人のレベルを英会話初心者と中級者に分けてそれぞれに適した留学先を考えてみましょう。初心者には2種類あります。知識も0なのか、知識はあるけど話せないのかによって話が大分違ってきます。

英会話初級者レベル(英語知識0~)

留学期間を1年以上検討している場合には、比較的どこを選んでも現地での頑張り次第では英語が話せるようになると思いますが、それだけの期間を使えるのであれば私のおすすめはこんな感じ。

  1. フィリピンで半年~1年。マンツーマン授業でスピーキングとリスニングを高めて初心者を卒業
  2. 好きな国へ移動して残りの期間を満喫

フィリピンをいつ卒業できるかはその人の頑張り次第といったところですが、大事なのは初心者のうちにネイティブ国へ行かないことですね。英語の成長度外視で、ロンドンの雰囲気が好きでたまらないの~というような人は勿論行ったほうがいいと思いますが、英語のことを真剣に考えているのであれば、フィリピンまたは日本で初心者を脱出してから別の国へ行くと伸びが違います。

1ヶ月~半年程度の短期間しか留学できない初心者の方は、英語を話せるようになりたければフィリピンですね。でも知識0の人はフィリピンを選んでも帰国までに話せるようにならないかもしれません。一番いいのはこのレベルで留学しないこと。日本で教材やオンライン英会話などで頑張り、まずは初心者カテゴリから抜け出して日本にいるうちに中級者レベルになっておくのがベストです。初心者の短期留学は時間が圧倒的に足りません。

 

英会話初級者レベル(英語知識レベルは中上級者)

英語知識が中上級者レベルで英語が話せない人は意外にも結構いるようです。例えばTOEIC800点超えていても英語が話せなければ英会話初心者レベルとなります。この方たちは知識レベルには問題がないので、知っている知識を使えるものに昇華させてあげれば話せるようになります。そのためにはグループレッスンでは駄目なので、マンツーマンレッスンのあるフィリピンで練習に明け暮れるか、日本に居るうちに頑張って英会話初心者レベルから脱出するかです。個人的には知識レベルがTOEICスコア400~500もあれば勉強は一旦お休みしたほうが早く英語ペラペラになれると思います。問題はTOEIC400~500点の知識の範囲内でどれだけスムーズに話すことができるかです。

英語が話せない状態でこれ以上グループクラスの学校に入っても、学び続けるだけでいつまで経っても話せるようになりません。必要なのはとにかく話すこと。勉強ではなく練習すること。英会話は学問よりもスポーツであると意識すること。ボールの投げ方を教わったら、まず投げてみる。ストレートボールすら投げれないのに色んな球種を更に教わっても意味がありません。バットの振り方を教わったらまず振ってみる。身体がそのフォームを覚えるまでとにかく素振りを繰り返す。足りないのはそこなんです。

 

英会話中級者レベル

このレベルであれば、現地の滞在を楽しむ最低限の力があると思いますので、楽しむという意味では短期長期問わずに好きなところに行ってもいいと思います。もしもあなたが自分の英語に流暢さが足りないと思うのであれば、フィリピンのマンツーマンで英語の反射神経を高めるべくトレーニングに明け暮れてるといいと思います。

もしも簡単な文章であればネイティブ並みの速度で言えるし反応も出来るけれども語彙が少なすぎて話せる話題が極端に少ないというのであれば、もう後は時間の問題なのでマンツーマンでもグループクラスでも、はたまた独学でさえも英語に触れ続けさえすれば上級者になります。言える文章が少ないというだけであって、言えてる文章だけ聞いたら上級者の仲間入りをしているような特殊な立ち位置だと思います。こんな人いないと思うかもしれませんがたま~にいます。(ちなみに、私が最初に目指したのもここでした。)

 

まとめ

今回は英語を話せるようになるためにはという視点でベストな留学国を考えてみました。実際には、留学は英語の勉強だけのためにするものではなくて、現地の生活を楽しんだり他の国から来た留学生と触れ合ったりなど、人生経験のプラスになるものです。ですので、そういった別の要素も加味しながら自分にとってベストな留学先を決めていただけたらと思います。満足いく留学が出来ることを祈ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA