「~しても損はない」は英語でなんて言う?

「~しても損はない」は英語でなんて言う?

「~しても損はない」をグーグル翻訳にかけると「There is no loss」と出てきます。

うん、悪くはないですね。

元の文章が「~しても損はない」という不完全な文章なのでこれで終わっていますが「試してみても損はない」という文章をグーグル翻訳にかけると「There is no loss even if you try」で出ます。

これは通じるでしょうし、かなりまともな翻訳が出来ていると思います。

ただ、それ以外の表現もありますので、そちらを紹介します...

 

It doesn’t hurt to do something

今回紹介したかったのはこちらの表現です。

「~しても痛くない」「~してもダメージを受けない」というところから「~しても損しない」という意味に繋がります。

「試してみても損はない」であれば、It doesn’t hurt to try.

「聞いても損はない」とか「聞くだけ聞いてみたら」というニュアンスで、It doesn’t hurt to ask.

と使えます。

それ以外にも同様のことを表せる英文はありまして、それが以下のものになります。

What have you got to lose?

これは特に何をという指定はなく「やってみても損はしない」ということを言う文章です。

直訳すると「何を失うものがあるの?」=「トライしない手はないでしょ」ということですね。

 

You won’t lose anything by giving it a try/shot

こちらも先ほどの表現と似ていますが「give it a try/shot=トライしてみる」という意味が入っています。

直訳すると「トライしてみても何も失うものなんてないでしょ」となります。

 

トリビア

今回紹介した It doesn’t hurt to do something は「ニューヨーク 親切なロシア料理店」という映画で聞くことができます。

上は邦題なのですが、英語オリジナルの原題は「The Kindness of Strangers」というものです。

 

映画や海外ドラマで英語を勉強するのがお好きな方は、↓の動画サイトもチェックしてみるといいかもしれません♪


2週間の無料トライアル

 


U-NEXT