英語の勉強は難しい?難しくしてしまってるのは誰?

英語の勉強は難しい?

英語の勉強は難しいというのは否定しませんが、無駄に難しくなってしまっている感はあります。

ハッキリ言って、英語の勉強はもっと簡単(シンプル)にすることができます。

英語の勉強を難しくしているのは?

英語の勉強が難しいと感じている人の中にも、最初はもっと簡単にマスターできそうだと思っていた人はいると思います。

簡単とは思ってないまでも、少し誇大広告ぎみな宣伝を聞いたことのある人は少なくないはず。

英語教育ビジネスの在り方

はっきり言って英会話関連はお金になります。

英会話スクールから英語教材、留学斡旋まで様々なビジネスがあり、顧客獲得のために

たった3ヵ月で英語がネイティブのように話せるようになります!

聞き流すだけであなたも英語がペラペラに!

などと魅力的な言葉で顧客を増やそうと営業がされています。

もちろん英会話学習者が増えなければビジネスとして成り立っていかなかいので、それはごくごく当たり前のことです。

 

皆がチャレンジしやすいように敷居を下げておくのはいいことにも思えます。

「英会話は難しいから覚悟を決めて取り組んでください」なんてことを言う営業マンはいないですし、そんなことを言ってたらお客さんも怖気づいて逃げてしまいますよね。

 

...と、ここまでは英会話を商売にしてる側の事情です。

英語の勉強の難しさは強調されない

当たり前と言えば当たり前ですが、

英語の勉強の難しさについてはあまり取り上げられることはないですよね?

 

英語が難しいというのは勉強した人たちが後で思うことであって、

これから勉強を始めようとしている人たちにとってはこういった情報はあまり流れません。

 

例えば、これが取得の難しい資格試験の場合はどうでしょうか?

 

最難関と呼び声高い司法試験業界に関して言えば、司法試験向けの予備校(専門学校)では如何に司法試験が難しいかということを最初に言われます。

法律家を目指すなら一生勉強になります。しかも資格を取ってからのほうが更に大変です。一生新しいことを学び続ける覚悟のない人は向いてないからやめておいたほうがいいですよ。

という感じです。

 

もちろん法律家になったらこんなことができて素晴らしい仕事ですよということも言われるはずですが、

挑戦する人たちはそのデメリットに関してもきちんと認識した上で始めます。

 

これはある意味当たり前です。

10年以上アルバイトしながら勉強を続けても落ち続けるという人もザラにいた業界です。

その後結局諦めるなんてことになったら職歴もなく目も当てられません。

人生にとってこれだけ影響があるのですから挑戦するデメリットをしっかりと認識した上で始めるべきですよね。

 

ですから予備校業界の人間としてもきちんと挑戦する人に教えておかないといけないわけです。

キャッチフレーズに騙されないこと

英会話業界はというと、とにかくお客さんを獲得することに必死です。

英会話はお金になるぞということで参入している人たちが多くいますので、教育よりもビジネスという色が強かったりします。

 

皆が儲けていくためには英会話を勉強したい人をとにかく増やさなければいけません。

その結果お金儲けしか考えていない会社の営業マンに引っ掛かってしまい、英会話にかなりのお金と時間を費やしたにも関わらず全然英会話ができるようにならないという人も現れます。

 

これはちょっと残念な話ですよね。

もちろん、良い教材や良い学校というのもあるのですが、良いものを作っている会社がマーケティング上手とは限らないですよね。

結局のところ営業・宣伝の仕方が上手なところに顧客は集まってしまいますから...

英語の勉強を難しくしないために

英語の勉強が難しくなってしまう理由の一つは、学習者の目的やニーズにピッタリ合ったものでないものが提供されてしまうミスマッチによるところが大きいです。

では英語の勉強を無駄に難しくしないためにするべきことを考えてみましょう。

大事なのは目的と手段のマッチング

英語が難しいと感じる=英語が上達している実感がない

ということだと思います。

 

学習者の目的達成に対して、

合ってない勉強の仕方をしている場合には上達速度が遅くなってしまいます。

 

例1、旅行英会話を身に着けたいのに、文法を一から全て学ばされる(英会話スクール)

例2、英語が話せるようになりたいのに英語を話すための練習がない(英語教材)

 

だから自分の目的と合った教材だったり学校だったりを選ばないとすぐには上達しません。

 

そのためには自分のやりたい事をしっかりと理解しておくことも重要ですね。

これらの記事が参考になるかもしれません。

すぐにでも英語が話せるようになりたい人は読むべし

常識を疑ってみる

仮に正しい教材や学校を見つけたとしても、

それでも英語の勉強が難しいというのはある程度事実だったりします。

 

そもそも、英語の勉強はそこまで簡単なものではないということは確かです。

ただし、世の中で一般的に受け入れられている英語の勉強法が少し偏りすぎているということは言えます。

 

こちらの記事を読んでいただくと、その意味が良く分かると思います。

いつまで経っても英会話ができるようにならない本当の理由

最後に

英会話ができるようになると人生の選択肢が増えるのは本当です。

キャリアになるかもしれませんし、選択できる仕事の種類も広がります。

 

仕事以外にも、海外移住のきっかけになるかもしれませんし外国の方と結婚することもできます。

外国人の友達ができて価値観を広げるチャンスにもなります。

人生にとにかく色々な変化やチャンスをもたらしてくれるのです。

 

なので最初に言ったように敷居を低くしチャレンジしやすくするのには反対ではありません。

ただ、英会話学習に手を出したもののこんなはずじゃなかったという人が出ることが心配なだけです。

 

是非自分のやりたいことを実現できる教材・学校・勉強法を見つけてもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA