「何も言うな」は英語でなんて言う?

「何も言うな」は英語でなんて言う?

これをグーグル翻訳にかけると「Anything not say」と出てきます。

なるほど、また面白いの出てきましたね(笑)

それでは正解を...

 

Don’t say anything. (何も言うな)

 

これは動詞から文が始まる「命令文」と呼ばれる形です。

Don’t ~ で「~するな」という命令の形を作ることができ、say anything で「何か言う」を表現しています。

それを合わせると「何も言うな」となるんですね。

 

ちなみに、命令文と呼ばれてはいるものの、日本語で使われる「~しないでね」もこの形で表すことができます。

 

つまり、例えば女の子が友達同士で「誰にも何も言わないでね」なんていうときは、「Don’t say anything to anyone.」 なんて言ったりします。

これを「誰にも何も言うな」とか「誰にも何も言うんじゃねーぞ」なんて強く訳すと不自然になりますので、会話の流れやその人たちの関係から日本語の訳は変化します。

 

もちろん、Pleaseを付けて柔らかくすることもできるのですが、声のトーンなどで明らかに命令していない場合はありますので、必ずしも please のあるなしで「言うな」なのか「言わないでね」なのかが決まるわけではありません。

 

ここで例文を少しご紹介します。

もうそれ以上何も言うな。

Don’t say anything anymore.

 

「それ以上何も言うな」という場合には、英語らしい表現としてこんな言い方もあります。

Say no more (言え。これ以上何も。=何も言うな)

 

実際にはこの前後に色々な文章が付くと思いますが、とりあえず「何も言うな」の言い方を覚えておいてくださいね♪