絶対誰も聞いたことない!カランメソッドのマル秘学習方法

あなたはカランメソッドを受けていて、この受け方でいいのだろうかと疑問を持っていませんか?

これを読み終わったとき、あなたは今まで一度も聞いたことのない学習方法を知ることになります。

有効なメソッドでも、学習方法を間違えると期待する効果が出ないので気を付けてください。

マッキー

カランメソッドはただ受ければいいというものではないんです。

カランメソッドで結果を出した学習方法

私自身がカランメソッドを使って英語を話せるようになった経験者です。

そして、私は自分の体験を通して、おそらく私しか言ってないであろう持論を持っています。

学習方法 TIP1:超簡単なステージを使わないなら意味がない

カランメソッドには12のステージがありますが、効果的な学習方法は簡単すぎるステージを使うことです。

マッキー

それこそステージ1と2レベルです。

もしかしたら、あなたはステージ3~6あたりを進めているかもしれません。

ハッキリ言いましょう。

もしあなたが本当にステージ3~6の実力を持っているのであれば、カランメソッドを受けても無駄です。

マッキー

知識レベルではありません。英語のスピーキング力の話です。

英文法の知識などがステージ3よりあっても、スピーキング力がそれ以下であればそのステージをやるのは難易度が高すぎます。

逆に、ステージ3より上を受けるだけのスピーキング力が備わっている人はカランメソッドなど必要ありません。

マッキー

もう少し詳しく説明しますね。

学習方法 TIP2:カランメソッドが必要な人は皆スピーキング初心者

カランメソッドで劇的に英語力を高めることが出来る人はスピーキング初心者です。

スピーキング初心者には、英語に関する知識のない人はもちろんですが、知識がある人も入ります。

マッキー

仮にTOEICで800点持っていようが話せなければスピーキング初心者です。

そして、カランメソッドを使って効果のある人は以下のような人たちです。

  1. 英語の知識はあるけれども、話すことができない
  2. 英語を話すときには日本語から考えてしまう
  3. 英語を話せるがゆっくりすぎて会話に支障がある

あなたがこのどれかに該当する場合、あなたはスピーキング初心者です

マッキー

逆にスピーキング力が既にそこそこあるのであれば、カランメソッドで著しい成長は期待できません。

仮に、文法知識や語彙力で見た場合のあなたのレベルがステージ5や6だとしたら、ステージ1や2なんて簡単すぎてやってられないと思うでしょう

そこが間違いなんです

 

スピーキング力が低い人というのは、一見簡単に見えることが自由自在に使いこなせていない状態です。

マッキー

なまじ知識がある人は「そんな簡単なこともう分かってるから必要ない」となりがちです。

でも、カランメソッドの得意分野は「内容的には簡単だけど話すとなると瞬時に出てこない」という問題を解決することなんです。

 

もしあなたが上の3つのどれかに該当する人であれば、自分の英語知識については一旦忘れたほうがいいです。

学習方法 TIP3:ステージを下げましょう

カランメソッドはレベルテストによって講師があなたの進めるステージを決めると思います。そして、あなたの希望で勝手にステージを上げることができなかったりします。

その場合でも、ステージを下げることは選べるはずなので、もしあなたがステージ3以降を進めている場合にはステージを下げることをおススメします。

マッキー

自分でステージを選べる場合には低いステージから始めましょう。

大事なことなのでもう一度言いますが、

  • ステージ3に本当にふさわしいスピーキング力を持っているならカランメソッドは卒業でいい
  • そうでないならステージ3以降に進んでも効果が薄い

ステージ3より先は質問の文章がかなり長くなります。長い文章で練習しても学習効率が悪いです。

ステージ1と2程度の超簡単な英文に、1秒以内に反応できているか、講師と同じ速度で英文を話せているかどうかをチェックしてください。

それができているならカランメソッドは卒業です。できていないなら出来るようにしましょう。

学習方法 TIP4:ステージ1と2を繰り返す

さきほど、私自身もカランメソッドで英語を話せるようになったとお伝えしました。

私はカランメソッドを200時間程度受講したと思いますが、ステージ1と2しかやっていません。

お前。。。キチガイやな。

アザラシクン

マッキー

いえいえ、そう思うでしょ?でもそれが効果的なんですって。

かなりしつこく何度も同じことを言っているので、もう分かってもらえたかと思うんですが、

  • ステージ1と2が完璧になっていないなら先に進んでも意味なし
  • ステージ1と2が完璧になっているならカランメソッドはもう不要

ですから、英語ペラペラになるのに必要なのはステージ1と2の圧倒的な反復練習なんです。

マッキー

もちろん何となく繰り返していたわけじゃありませんよ。

ステージ2を終えて再度ステージ1の初めに戻るときは、内容も覚えていることですし

  • 前回よりも早く・速く
  • 前回よりも良い発音で
  • 前回よりも内容をイメージして(英文のイメージ化)
  • 英語の基本的な文章構造を口に叩きこむ

ということを意識していました。

前回よりも余裕があるはずなので、その余裕の分で他の何かを意識する感じです。

余裕だからって、そのまま余裕こいていたら成長なしってことか

アザラシクン

マッキー

おっ、アザラシ君はもう大丈夫そうですね!

学習方法のまとめ

カランメソッドを必要とする人は(自分ではそう思っていなくても)スピーキング初心者のはずなので、

  • ステージ1と2を繰り返し行う
  • スピーキング力の向上だけに集中する
  • ステージ1と2を完璧にする
  • そこまで出来たらもうカランメソッドは必要なし

となります。

私が正にこの通りの学習方法でカランメソッドを使いました。

そして人からは英語ペラペラと呼ばれるほどスピーキング力の向上に成功しました。

必要なことはお伝えしましたので、あとはあなたが実行するかどうかです。

初心者の自分がカランメソッドで英語を話せるようになった裏話