カランメソッドは英語初心者に対しても本当に有効なのか?

「カランメソッドっていう英語勉強法が良いって聞くけど、英語初心者でも大丈夫かな?」

「すぐに英語話せるようになりたいんだけど、全くの初心者でも効果はあるの?」

なんていう疑問を持っていませんか?

マッキー

初心者のころカランメソッドを使って話せるようになった私が解説しましょう!

英語初心者とカランメソッド

英語の勉強を始めたばかりの初心者でもカランメソッドを受けるメリットはあります。

ただしデメリットも多少あるので、まずはそちらから確認していきましょう。

英語初心者がカランメソッドを受けるデメリット

カランメソッドを受けるデメリットというのは実はそこまでないのですが、一つだけ気になるのが...

 

一つ間違えると英語学習が嫌いになるかも

 

ということです。

 

というのが、カランメソッドは講師の質問に対して決まった答えを返していくというレッスンスタイルになっており、

 

目的をきちんと理解していない場合には、もしかしたら「退屈」「つまらない」といった印象を受けてしまうかもしれないからです。

 

これは気持ちの問題も大きいと思います。

人から「何か良いらしいよ」と言われたからカランメソッドを受けてみたというのではなく、

 

これから書いていることをよく理解してもらって、「自分にはカランメソッドが必要なんだ」と納得した状態で受けてみてほしいと思います。

カランメソッドは英語初心者でも受けるべき

カランメソッドで何が身に付くかという質問にすぐに答えられるでしょうか?

 

「英語の知識」でしょうか?

「リスニング力」でしょうか?

 

確かにこれらも身に付きますが、カランメソッドに最も期待したいのは「スピーキング力」の劇的な向上です。

 

スピーキング力を伸ばすには「英語を実際に口にした量」がモノを言います。

これは断言できますが、どの英会話スクールに行っても十分なスピーキング量は確保できません。

 

あなたに十分なスピーキングの時間を与えられるところは非常に少なく、その一つがカランメソッドなんです。

 

あなたは英語を話せるようになりたいですよね?

だとしたら、実はカランメソッドは絶対に避けて通れない通過点なんです。

マッキー

カランメソッドのようなものが日本人には必要なんです。。。

英語初心者がカランメソッドを受けるべき理由

というのも、英語を話せるようになるために必要な要素は2つあります。

  1. 英語の知識をつけること(英文法や英単語)
  2. 知識を使える状態に押し上げること

これはスポーツをしていた人なら理解しやすいと思います。

 

好きなスポーツに置き換えて読んでほしいのですが、例えばテニスを上達するためにはラケットを振ります。

 

当たり前のことを言いました。

ラケットを振らずにテニスが上手くなることはありえないですよね。

 

ラケットの振り方を本を見て学ぶだけでは決してテニスが出来るようにはならないはずです。

 

あなたは「そんな当たり前のこと...」と思ったかもしれません。

でも何故か英会話になるとそれが分からなくなるようで、「本を見るだけでラケットを実際に振らない」に相当する人が大半なんです。

 

英会話、特にスピーキング力の上達に必要なものは知識だけじゃありません。

その知識を実際に何度も英文の形で口から出すという練習をしなければ英語は話せるようにならないんです。

 

そして、この練習をさせてくれるのは、カランメソッドのような学習法でないといけないんです。

英語が話せるようになるには量も大事

もう一つ別の例を出しましょう。

あなたは「ラケットを3回振っただけでテニスが上達する」と思いますか?

 

きっと思わないと思います。

 

「毎日素振りしてるのに全然上手くならないんだ」

これを

「毎日英語勉強してるのに全然話せるようにならないんだ」

と置き換えてみる。

 

「毎日どれくらい素振りしているの?」

これを

「毎日どれくらい英語を話しているの?」

に置き換えてみる。

 

「勉強している時間は1時間だけど、英語を話している時間だけを見ると5~10分くらい」

これは

「毎日3回素振りしているのにテニスが上手くならない」

というのと同じことなんです。

 

カランメソッド以外の英会話レッスンってこんなものなんです。

頑張っている気にはなっても、実際に英語を話している時間はとても少ないんです。

 

カランメソッドだけで全てOKとは言えません。

でも、カランメソッド無しの英語学習ではいつまで経っても英語を話せるようにはなれません。

まとめ

英語初心者であろうと、中級者であろうと、英語を話せるようになるために絶対に必要なのが「繰り返し同じ文章を読む」ことです。

上で書いた内容をまとめると

  • 英語を嫌いにならないようにこのメソッドの意図を理解しておく
  • カランメソッド以外のレッスンでは話す量が全然足りない
  • 英語を話せるようになるにはカランメソッドは避けられない

ということでした。

 

カランメソッドで英語学習が嫌いになってしまうかもと書きましたが、実際にはむしろこの学習法の方が楽しく英語が勉強できるという人もいます。

ですので、とりあえずカランメソッドのレッスンを実際に体験してみることをおススメします。

 

どのスクールも無料体験を用意しているのと、スクールによって個性があるので色々試してみると自分にあったところが見つかるはずです。

カランメソッド スクールランキングを見る