英語脳を身に着けて返り読みとオサラバしよう

英語脳って言う言葉、よく聞きますよね。英語脳を構築しないとダメだとか、英語脳があれば英語は簡単に話せるとか。

でも英語脳を持ってない人からしたら「英語脳って一体何なの?!」って思うんじゃないでしょうか?ということで、今回は巷でよく聞くこの言葉について理解を深め、皆さんが英語を理解しやすくなるためのヒントになるようなことを書いていきたいと思います。

 

英語脳って何?どんなメリットがあるの?

では英語脳とは一体何なのか。そして英語脳があると実際どのように有利なのか。

母国語を考えないこと

英語ネイティブ以外の人にとっての英語脳というのは、母国語を考えないで英語を英語のまま理解できる、つまり英語で物事を考えられるということ。日本語を考えてしまうことなく英語を話すということですね。英語脳が作れていない人からすると、「そんなものどうやって作れるんだ」と思ってしまうかもしれません。私も最初はそう感じていました。

しかしやり方次第で、母国語を排除して英語だけで考えることは出来るようになります。逆に英語を話そうとするたびに日本語を考えてしまうといつまで経ってもスムーズに英語を話すことができるようになりません。そして、日本語で英語を理解しようとするときに一番の弊害となるのが返り読みです。

返り読みが最大の敵

日本人が英語を上手く話せない、または聞いても瞬時に理解できないというのは、英語を英語のまま理解することが出来ていないからです。話すときも聞くときも日本語を間に挟んでしまうために処理が追い付かないんですね。

英語脳があればこの処理が格段に楽になります。英語を上手く処理できない分かりやすい例として、日本人が英語を読むときにやりがちな返り読みがあります。返り読みとは、英文を最後まで見てから、また先頭に戻って意味を考えることです。のちほど例を出しますね。

返り読みは文章を読むときには可能ですが、英語の聞き取りをするとき、つまりリスニングではお手上げです。スムーズな英会話が出来るかどうかは返り読みから卒業できるかにかかっています。

返り読みしてしまう原因

返り読みは、英語と日本語の語順が違うために起こります。英語は結論が最初に来て、日本語は結論が最後に来るという違いがあるんですね。ちょっと具体例を出して見てみましょう。

I went to the airport to see my friend off. (友達を見送りに空港へ行きました。)という文章があるときに、

きちんとした日本語にすると「友達を見送りに空港へ行きました。」となり、「空港へ行った」という結論が最後に来ます。それに比べて英語の文章を単語ごとに訳してみると「行きました。空港へ。ために。見送る。友達を。」となります。

返り読みは卒業すべき

最後に見た文章は日本人からすると変な順番と思ってしまいますが、ネイティブスピーカーや英語を流ちょうに話せる人というのはこの順番で文章の内容を理解しています。「行きました」という動作(何をしたか)をまず言うのが英語なんです。

まずは英語を聞いたときに「行きました。空港へ。ために。見送る。友達を。」の順番で意味を理解できるかどうかが重要です。最終的にはいちいち日本語には訳さず、I went to the airport to see my friend off. として理解します。

日本語で「アップル取って」と言われたときに、いちいち「リンゴ取ってってこと?」って思わないですよね?アップルがリンゴって即座にイメージできるほど慣れているから訳さないでもいいはずです。それと同じように、練習すれば先ほどの英文も日本語を考えないようにできるんです。

返り読みをやめるためには

では、そんな返り読みから卒業するための英語脳の作り方を見ていきましょう。まずは返り読みをしないようにするための意識づけから紹介します。そのあとに具体的な方法をご説明しますね。

きちんとした日本語に訳そうとしない

まずは、きちんとした日本語に訳そうとしないことが大事です。きちんとした日本語というのは、先ほど見た「友達を見送りに空港へ行きました。」のような日本語のことです。

多少気持ち悪くても、「行きました。空港へ。ために。見送る。友達を。」と理解するようにしなければいけません。

文章の最後まで待たない

英語の語順で意味を理解しようとすることがポイントです。最後まで読んでから(または聞いてから)意味を考え始めるのではなく、順番どおりに意味を把握しようとすることです。

ぶつ切りの日本語で理解するように意識しましょう。日本語ありきで考えてるからぶつ切りと思うわけですが、英語話者にとってはこれが自然な語順なわけです。

逆に彼らが日本語を学ぶと、「何故結論が最後まで出てこないの?日本語って最後まで聞かないと結論が出てこなくてまどろっこしい」と思うかもしれません。この言葉のルールの壁を乗り越えることが英語脳を手に入れるということなんです。

返り読みにオサラバする英語脳の作り方

英語の語順で意味を取れるようになったら、最終的には英語を聞いたときにいちいち訳そうとしない、日本語に訳して理解しようとするのをやめるということですね。さて、いくら意識をしても根性論だけでは英語脳にはなれないので具体的方法を見ていきましょう。

決められた順番に置いていく

英語を話すときにいきなり英語で文章を作るために知っておかなければならないこと。それは、何が一番最初に来て、何がその次に続くのかというルールです。英語と日本語の決定的な違いを知っておこうという記事でも書きましたが、英語には日本語でいう「てにをは(助詞)」がないために、単語の位置でその単語の意味が決まります。

一つ例を出します。多くの人が知っているであろう単語の一つに like という単語があります。日本語で「好き」という意味を表すこの like ですが、実はそれは動詞として使われた場合の意味でして、他にも「~のように、~のような」という意味があるんです。

I like my father. は「お父さんのことが好きです。」となりますが、 I’m like my father. は「私はお父さんのようです。(父と似ています)」という意味になるんです。動詞として使われた一つ目では「好き」、2つ目では「~のよう」として使われています。

何をどこに置くかが決まっている

動詞として使われたかどうかを判断するには、その単語が動詞が置かれる位置にあるのかで判断します。日本語では「話す」は動詞であり、「話(はなし)」は名詞とされますが、英語では talk という単語は動詞か名詞のどちらかではなく、どちらにもなりえます。どの位置に置かれたかによって「話す」という動詞の意味になったり、「話」という名詞になったりするんです。

そして talk という単語が動詞として使われているのか、名詞として使われているのかはその文章の中でどこに置かれているかで判断するんです。そして、英語では何をどこに置くかが日本語をよりも厳しく決まっていて、それを守ることで文章の意味が理解でき意思疎通ができるんです。だからこそ...

英文法の基礎だけはしっかり

英文法と聞くとアレルギー反応が出てしまう人もいると思うので高度なことはしなくてもいいのですが、基礎だけはしっかり身に着けたほうがいいです。基礎とは何を指すのかですが、英語の語順に関わるところのことで、いわゆる5文型と呼ばれるものです。

説明しよう。5文型とは以下の5つの基本となる文の形のことである。

SV 主語+動詞(~が~する)

SVO 主語+動詞+目的語(~が~に~する)

SVC 主語+動詞+補語(~は~です)

SVOO 主語+動詞+目的語1+目的語2(~が~に~を~する)

SVOC 主語+動詞+目的語+補語(~が~を~に~する)

この5文型は学生時代に真面目に英語を学んだ人ならだれでも聞いたことのあるものだと思います。でも5文型を知ってるだけでいいのであれば今頃かなりの日本人が英語脳を手に入れているはず。この5つの文の形を理解するだけでは足りないんですね。

英語脳を作るには英語環境が必要?

よく英語環境という言葉を聞きませんか?留学する人は特にこの英語環境を求めていることでしょうし、日本国内でもシェアハウスに住んだり英会話カフェなどに行って英語環境を作り出そうと努力している人はいると思います。英語環境は絶対必要なのでしょうか?

英語環境が絶対必要かというと

英語環境はあったほうがいいです。あるに越したことはないです。でも英語ネイティブに囲まれて英語漬けという理想的な英語環境を用意できる人は相当恵まれています。ですので、英語環境は最終的には自分自身の中に作っていかないといけません。どういうことか説明しますね。

英語環境を作るのは大切

英語環境というのは、英語しか使えないように強制されるような環境のことです。留学を思い浮かべる人も多いと思いますが、留学しても日本人が大勢いるところでは英語環境が上手く作れなかったりします。

例えアメリカに留学したとしても、カリフォルニアやオレゴンといった日本人に人気のところは日本人留学生も多いし、現地に日本人コミュニティーがあったりしますので思ったよりも英語漬けになれないことも...。

やはり完璧な英語環境を作れた人は英語脳を作るのに有利です。例えば、日本人が一人もいないような外国の田舎に留学するような場合ですね。英語を使わなければどうしようもないという状況に追い込める人は思い切ってチャレンジしてみましょう!

でも皆が皆できることではない

でも実際のところ留学ができない人のほうが大半でしょうし、留学しようと思っている人でも日本人がいないところなんてそうそうなかったりします。留学しても結局日本人同士でつるんでしまったりするでしょうし、最近流行りのフィリピン留学だと日本人ばっかりという学校もかなり多いです。

英語環境がない場合は作ってしまおう

留学しているかに関わらず、理想的な英語環境が作れない場合には自分で意識してその環境を少しでも作り出すことが大切です。私がフィリピン留学した時は、その学校の生徒は日本人オンリーでしたので英語環境とはほど遠いものでしたが、日本人同士でも英語で話すようにすることで無理やり英語を話さなければいけない環境を作っていました

仮に国内で独学をしている場合でも、独り言を英語で言うとか、仮想の相手を用意してその人に話しかける等のことはできますよね。要は、英語を考える時間・英語で考える時間を如何に増やせるかなので、自分次第でどうにかできるものなんです。

自力では無理そうだという場合

英語環境がないなら自分で作ってしまおうというのは言うのは簡単ですが実行するのはかなり難しいことだと思います。かなりの意思の強さが要求されますし、そもそもまだ英語があまり出来ない人が自分に英語で話しかけるのはハードルが高いですよね。

だからと言って、巷にあふれる英会話スクールに行っても英語脳を作る訓練はやってません。英語脳が作れるかどうかは自分の頭の中での意識が大きく関わるので、普通のレッスンを受けても英語脳はできないんです。

なので自力で英語環境を作れそうにない場合は、英語脳を作るために作られた専用の教材を使用するほうがいいです。私が珍しくこれはイイ教材だなと思ったものがあるので紹介しておきます。

スーパーエルマーという教材なのですが、TOEICのリスニングを意識して作られているようですが、やっている内容は英語脳を作ることに他なりません。段階的に英語脳を育成しようとしているあたり、よく作られていると思います。


キャッチフレーズが「リスニング教材スーパーエルマーで「ネイティブ思考法」が身に付きTOEICリスニング満点獲得」だそうです。英語脳を身に着けた結果として、リスニング能力が大幅にアップするわけです。

確か無料試聴申込みがあるはずなので、まずはそれを取り寄せて聞いてみるといいと思います。自分に合いそうか判断したい人もいるでしょうし、無料なら駄目でもお財布痛みませんからね。

無料でもらえるものだけでもかなりの内容ですので、手に入れないほうがむしろ損かもって思います。実は自分も人に同じこと言われて手に入れたんですけどね。

まとめ

ここまで読んできて「自分には英語脳なんて作れるんだろうか...難しい気がする。」と思った人もいるかもしれません。継続は力なりというように、諦めずにコツコツ続ければいつかは出来るようになります。

英語脳さえ手に入れてしまえば、英語を聞くのも話すのも格段に楽になるので何としても頑張りたいところですね。自分で頑張れる人はとにかく英語の順番で意味を取るようにしてください。英語脳の獲得は、時間はかかっても挑戦する価値があります。頑張りましょうね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA