英語吹き替え版は勉強に最適!ジブリ映画の英語版タイトルまとめ

日本が世界に誇るスタジオジブリのアニメ映画は英語で翻訳され世界中で見れらています。

 

もちろん日本人が英語を勉強するのにも最適!

 

そんなジブリ映画のタイトルたちが英語ではどのように変わっているのか、世界で有名なMIYAZAKI movieたちを一緒に見ていきましょう。

ジブリ映画の英語版タイトルを一挙紹介

My Neighbor Totoro(となりのトトロ)

となりのトトロ=隣人のトトロ=My Neighbor Totoro

これはそのままですね(笑)

Neighbor (ネイバー)は「隣人、近所の人」という意味です。

 

Spirited Away(千と千尋の神隠し)

こちらは日本語タイトルとは少し異なっていますね。

Spirit away
神隠し、ミステリアスな方法で連れ去ること

を指しますので、spirited と受動態の形になって「神隠しにあった千」を表しています。

 

Princess Mononoke(もののけ姫)

これはもうそのままですね。

Princess = 姫

Mononoke = もののけ

です。はい。

 

The Cat Returns(猫の恩返し)

恩返しが return という動詞一つで表されています。

Returnを英英辞書で調べると

to give, do, or get something after something similar has been given or done to you

とあるので、恩返しを returns だけで表現できるようです。

 

Nausicaä of the Valley of the Wind(風の谷のナウシカ)

これはそのまま。Valleyは「谷」という意味ですね。

 

Castle in the sky(天空の城ラピュタ)

少しタイトル変わっていますね。

Castle in the sky = 空になる城(天空の城)ということで、ラピュタという言葉がなくなってます。

 

Howl’s Moving Castle(ハウルの動く城)

これはもうそのまま。

 

Ponyo(崖の上のポニョ)

これはポニョだけになっちゃってますね。

でも、Ponyo on the Cliff by the Sea と書かれているバージョンもあるようです。

Cliff = 崖(がけ) ですが、cliff by the sea (海の近くの崖)ということですね。

 

When Marnie was there(思い出のマーニー)

「マーニーがそこにいた時」という何とも英語らしいタイトルです。

 

Kiki’s Delivery survice(魔女の宅急便)

今度は主人公であるキキの名前がタイトルに入ってます。

 

Whisper of the heart(耳をすませば)

Whisper は「ささやく」という意味。

耳をすまして心のささやきを聞くということでしょうか。

Grave of the Fireflies(火垂るの墓)

Firefly というのはホタルの意味です。Graveはお墓。

ですのでタイトルとしてはそのままですね。

 

Only Yesterday(おもひでぽろぽろ)

タイトルが大幅に異なっていますね。

Only Yesterday 「まるで昨日(のこと)」のように感じるということでしょうか。

 

Porco Rosso(紅の豚)

porco rosso(ポルコ・ロッソ)は実は英語ではなくイタリア語です。

イタリア語で赤い豚、つまり紅の豚という意味のようです。

確かに Red Pig よりいい気がしますね(笑)

 

Pom Poko(平成狸合戦ぽんぽこ)

これも英語ではなく、ぽんぽこを英語風にしたタイトルですね。

日本人が発音する「ん」ですが、実は英語ネイティブからすると m と n に分けられるんです。

ぽんぽこという日本語の「ん」は m なので Pom Poko になっているんですね。

 

Tales From Earthsea(ゲド戦記)

Tales には(事実・伝説・架空の)話やおとぎ話といった意味があります。

でも実は、Earthsea という言葉は英英辞書には乗っておらず、この一言で検索をかけるとそれだけで「ゲド戦記」となっています。

 

The Secret World of Arrietty(借りぐらしのアリエッティ)

こちらはタイトルが日本語とは少し違いますね。

秘密の国のアリエッティという感じです(笑)

 

From Up on Poppy Hill(コクリコ坂から)

なぜ「コクリコ坂」が「Poppy Hill」なんだろうと思ったのですが謎が解けました。

コクリコはフランス語だそうで、ヒナゲシという植物を指すらしいんですね。

そして、ヒナゲシは英語で Poppy なんです。

MEMO
ヒナゲシ = シャーレイポピー (英語: Shirley poppy) 

 

最後に

外国人と英語で会話をしていると、映画の話になったりしますよね。

 

やっぱり日本人としてはジブリアニメの話をしたくなることもあるし、好きな映画って何と聞かれてジブリ映画を答えるときもあるでしょう。

 

今まではセント、チヒーロ」とかそれっぽく言っても通じなかったでしょうがこれでもうバッチリですね!

 

英語でジブリの話をして盛り上がってしまいましょう!