英語の勉強で失敗しないために重要なこと

マッキー

みなさん、英語の勉強はかどってますか?
いや、もう、全然だめ。。。自分なりに頑張ってはいるんだが...

アザラシクン

マッキー

えっ、全然進歩が感じられない?...どんな勉強してるんですか?
実はかくかくしかじかで...

アザラシクン

マッキー

なるほど、いまアザラシっちがやってる勉強って、〇〇と合ってないんじゃないですかね。
そういえば、英語を勉強する〇〇ってちゃんと考えたことなかったな...

アザラシクン

マッキー

じゃあ一緒に考えてみましょうか。

英語の勉強法をどうやって決めていますか?

マッキー

本題に入る前に、まず英語の勉強法をどうやって決めているかを振り返ってみましょう。
英語の勉強法ねぇ...

アザラシクン

英語が話せるようにならない英会話学習者の多くは、結果に繋がる勉強の仕方をしていない人が多いんです。

それは「していない」というより「知らない」または「知らされていない」と言ったほうがいいかもしれません。

英会話産業は教育よりもビジネス面が先行していて、正しい情報が行きわたらない状況になっています。

そ、そ、そんな...

アザラシクン

そのアドバイス、大丈夫ですか?

英語の勉強法を知りたいとき、独学で英語を勉強していく人は、ネットや本の情報を頼りにするのだと思います。

一方で英会話学校に通う人だったら、そのスクールのカウンセラーさんや講師から。

留学へ行く人は、エージェントの方や留学先の英語学校(ESLと呼ばれることが多いです)にいる講師・スタッフからアドバイスを受けることでしょう。

まあそうやろうなぁ。ワテもそうやわ。

アザラシクン

特にスクールへ入る場合は、しっかりと自分のやりたいことを理解しておいて、それに合った学校を見つけることが重要です。何故なら現状の英会話産業では、英会話スクールは教育よりもビジネスの側面が強いからです。

その学校があなたにとってベストかどうかを真摯に考えて、最終的に「うちはやめておいたほうがいいですよ。〇〇スクールへ行かれたら如何ですか?」なんていうスクール関係者はいませんから。

確かに。。。

アザラシクン

スクールはあなたを入学させるのに必死

英会話学校や留学先のスクールが持っている独自の学習法や得意とするものが、そもそも学習者の身に着けたい能力とマッチしていない場合があります

留学の場合は特にこれが起こりがちです。留学エージェントは紹介料の多いところへ生徒を送りたいし、送る義務(ノルマ)もあります。

この問題って留学だけで起こるものなん?

アザラシクン

マッキー

もちろん日本国内の英会話スクールでも同様のことが起こります。

入学前にしっかりとしたカウンセリングが行われていない可能性があったり、カウンセリングがあっても自分のスクールの中でどのクラスがいいかというレベルでの聞き取りでしかありません。

英会話学校もビジネスとしてやっているので、入学させることを優先させるあまり時折ミスマッチが発生していたりします。(カウンセラーには営業ノルマがあったりします)

マッキー

自分のスクールの中でどのクラスがいいかというカウンセリングはあっても、他へ行ったほうがいいなんて言うことはありません。

英語を勉強する理由・目的を考えてみる

上で書いたように、そもそもアドバイスを聞く相手を間違えてしまうことが多々あるために、最初の入り口で道を間違えないようにしたいものです。

ふむふむ。これは重要なポイントやな。

アザラシクン

そのためには、自分が何をしたいのか、一度自分が英語を勉強する目的を考えてみることはとても重要です。

中には明確な目標というか目的意識を持っている人がいます。アメリカやイギリスなどの大学に留学したい、海外に移住したい、外資系企業に転職したい、などなど。

ほー、しっかりした人たちもおるもんやなー。

アザラシクン

でも私の経験では「どうして英語を勉強しているんですか?何故英語が必要なんですか?」という問いに即座に答えられる人はそんなに多くありません。大抵の場合「分からない」とか「なんとなく」という答えが返ってきたりします。

マッキー

それが普通のことです。

マッキー

実は私自身もそんなにたいそうな理由で英語学習を開始したわけではなく、英会話講師になろうなんてこれっぽっちも思っていませんでした。

英語が話せるようになった結果として、英語を使う仕事や英会話講師に就きましたが、勉強し始めたきっかけは「英語話せたらカッコいい」ぐらいにしか思ってませんでした。でも...

目的を考えてみる

目的がハッキリしていないから、なんとなく聞いた英語の勉強法を始めてみたり、なんとなく英会話スクールを選んでみたり。

なんとなくでもやらないよりはいいですが、なるべく短期間で英語を話せるようにするには目的をハッキリさせて、そのゴールへの最短学習プランを作ったほうがいいです。

英語学習の目的ねぇ...うーん。。。

アザラシクン

私が思うに、英語を勉強する目的が「分からない」という人でも、

何らかの目的は持っているものです。意識出来てないだけで。

つまり深層心理というか、心の奥底ではしっかりとやりたいことがあるはずなんです。

マッキー

それを言葉にできていないだけなのではないかと思います。

または、英語を勉強する目的と聞くと何やら立派な目的が必要な気がして、

「●●さんは人生計画をしっかり立てていて、いつまでにTOEICで●●点を取るなんて感心させられるような目的意識があるけど、自分にはそんな立派な目的はないなー」と思ってしまう人もいるかもしれません。

いずれにせよ、何かしら理由があって英会話学習をするはずですから、それを意識することが大事です。

目的を明らかにしたいだけなので、目的が立派である必要はないんです。

暇つぶしというのも立派な理由です。海外旅行で家族にいいところ見せたいから。これもいいじゃないですか。金髪美人と仲良くなりたい。これこれ。こういうのが必要なんです。

マッキー

みんな立派な目標じゃないと駄目だと思ってしまうのかもしれませんね。

目的が思い浮かばない時

目的を口にできない生徒さんに対しては、私から掘り下げるための質問をしていました。

目的なんて特にないんだけどなー。

アザラシクン

マッキー

いやいや、何かあるでしょう?英語使って何がしたいんですか?
ん~、本当に特にないよ。海外旅行で困らなければいいぐらい。

アザラシクン

マッキー

それですよ!海外旅行はどこの国に行きたいんですか?
アジアを旅して回りたいかなー。あっ、金髪美人と友達にもなりたい。

アザラシクン

マッキー

おっ、出てきましたね!イメージしている金髪美人はどこの国の人なんですか?

こういった質問を繰り返してどんどん掘り下げると、ネイティブとやり合う英語力が必要なのか、ノンネイティブとの交流でいいのか、

相手がネイティブだとしたらどの程度までの会話をできるようにしたいのかなどが見えてくるんですね。

その人が英語を使って何をしたいと思っているのか、そのためにどこまでのレベルに到達しなければいけないのか等が分かれば、対策を考えることができますし、その目的によって勉強の仕方も変わったりします

ここまでやってくれる人がいれば自分で考えていなくても大丈夫かもしれませんが、そうでない場合には自分自身で意識できておくといいですね。

最後に

やっぱり英会話スクールや留学エージェントなどでは、限られた選択肢の中で商品を売ろうとするために、そもそもそれがあなたの目的と合致しない場合にはミスマッチが生じてしまいます

英会話スクールではその学校で提供しているカリキュラム内でしかお勧めすることができませんから、

「あなたは〇〇メソッドのある学校へ行ったほうがいいですね。〇〇スクールなら出来ますよ」なんて他校を紹介してくれません。

まあ向こうもビジネスでやってるんやし、そうなるわな...

アザラシクン

留学エージェントでも、契約をしている学校の中から、紹介料の高いところかノルマを課されている学校へ送られてしまいます

留学エージェントにもノルマがあるんか...

アザラシクン

世の中に存在する全てのサービスの中からあなたにあった英語の勉強法を提案してくれるといったら個別の英語コーチングになるでしょう。

マッキー

ご自身の住んでいる地域で「英語コーチング」と検索してみるといい出会いがあるかもしれませんよ。

マッキー

もしどうしても頼れる人がいない場合には、本サイトの問い合わせフォームから連絡をいただけたら状況によっては私が英語コーチングすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA