英語と日本語の違い

日本語と英語の相性は実はかなり悪いです。母国語の力はやはり強大で、日本人は他国の人よりも英語が学びにくかったりするというのは実際あると思います。

それは発音にも言えることですが、もう一つ大きいのは文の構成ルール。簡単に言うと日本語よりも英語のほうがルールのほうが厳しいです。

英会話を習得したい人が必ず知っておくべきことの一つに、この英語と日本語の決定的な違いがあります。英語を学び始めたばかりの人は特に注意する必要があります。

英語と日本語の違い

先ほど「簡単に言うと日本語よりも英語のほうがルールが厳しいです」と言いましたが、少し補足します。身に着けるのは多分英語のほうが簡単です。

どういうことかと言うと、ルールが厳しい分、それを身に着けてしまえば万事オッケーなんです。

逆に日本語のほうが難しいと思います。ルールが曖昧だったり、細かいルールが沢山あったりして覚えるのが大変です。英語はシンプルなんですよ。では、特徴を掘り下げていきましょう。

日本語は「てにをは(助詞)」で意味を取る

私は日本語が専門ではないので多少間違っているところもあるかもしれませんが、英語との違いを理解するには十分だと思いますので分かる範囲で書きます。「てにをは」というのは助詞という、意味を決める役割を持つ単語を指す言葉として使われているようです。意味を決めるというのはこういうこと。

    • (私の)父 が 私 に 牛乳を買ってくるように言った
    • (私の)父 に 私 が 牛乳を買ってくるように言った

日本語の場合は、文章の中で「父」や「私」という単語がどこに置かれるかはあまり関係なく、その単語に「に」とか「が」などの助詞がくっつくことでその意味をハッキリさせることができます。

上の文章で言うと、

「が」が付いていれば「誰が言ったのかという動作の主体(これを主語と言う)」を表しているし、

「に」が付いていれば「誰に言ったのか、または誰が言われたのかという動作の対象(これを目的語と言う)」を表しています。

これまで他の言語を勉強したことがない人の場合は、主語とか目的語とかを意識したことはないと思います。でも英語を学ぼうと思った場合には、主語とか目的語というのは多少なりとも意識する必要が出てきます。それは何故かと言うと...

英語は「語順・単語の位置」で意味を取る

英語は日本語と違い助詞がありません。先ほど例に出した日本語の

  • (私の)父 が 私 に 牛乳を買ってくるように言った
  • (私の)父 に 私 が 牛乳を買ってくるように言った

を英語にすると、My father told me to go buy milk. となります。この英文の中の My father と me には「が」や「に」などの意味を決める単語がついていません。

My father 私の父が、told 言った、me 私に、to go buy 買いに行くように、milk ミルクを。

そうすると、今私が一つ一つの単語を訳したときに My father という単語を「私の父を」でもなく「私の父に」でもなく「私の父が」としたのは、何故でしょう?

それは My father が文の一番最初にあったからなんです。そう、英語ではその単語がどこに置かれているかによって、その単語の役割が「を」なのか「は」なのか「に」なのかを判断するんです。

文の最初に置かれた名詞が主語

名詞や主語と言った言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、名詞は「モノや人の名前」のことで、My father は名詞です。My father が文章の最初に置かれているときはその文の主語として「~は」や「~が」という意味を持ちます。

例:My father bought milk. 私の父が牛乳を買った。

もしMy father の位置が変わったら...

例:Milk bought my father. 牛乳が私の父を買った。

というヘンテコな文章になってしまいます。そうなんです、my father はその置かれた位置で「私の父が」にも「私の父を」にもなってしまう。

つまり、英語では「名詞+文章中での位置」が意味を作るということです。

英語では分かり切ったことも言う

ちなみに(私の)父が~と、わざわざ(私の)を書いておいたのは、英語では My(私の)father という部分が必要になるからです。日本語ではいちいち分かり切っていることを言わないですよね。

でも英語では my father という風に誰の父の話をしているか分かっている時でも省略できません。もっと言うと、日本語では「僕が」とか「あなたが」といちいち言わないことが多いです。

言わなくても分かるので省略しますよね。でも英語では基本的に主語は省略しません

「お仕事は?」と聞かれたら日本語では「教師やってます」でいいですが、英語ではきちんと I am a teacher. という風に I (私は)を省略しないんですね。これも日本語と英語の大きな違いです。

両者の違いがどう影響するのか

日本語は助詞という便利なものがあるので文章の構成に少し自由度があります。

  • 私は車でスーパーへ買い物へ行きます。
  • スーパーへ私は買い物へ行きます。車で
  • 私は買い物へ行きます。車でスーパーへ。

多少強引であっても全ての文章で問題なく意味が理解できると思います。でも英語ではこうはいきません。

I go to a supermarket by car.

日本語ではいくつもの語順のパターンで同じことが言えるのに、英語ではこの一つの語順でしか表すことができません

英語は①主語、②動詞という順番が固定されているんです。なので、「私は」と「行きます」の位置がどこでもいい日本語とは違って主語の I は冒頭に、動詞の go は主語の次に置かなければその意味にならないんです。試しに語順を変えてみます。

Supermarket go to a car by I. (スーパーは私で車へ行く)

supermarket to go I a car by. (スーパーは、へ、行く、私、車、で)

一つ目は英語のルール通りに文章を並べてあげたので、意味こそおかしいものの一応の体裁は保ってます。でも2番目は英語のルールを完全無視しているので何を言っているのかが分かりません。

と言っても、恐らくカッコの中の日本語を読めば日本人なら推測できてしまうだろうとは思いますが、英語話者にとってこの文章は仲良くなりにくいレベルです。話していて疲れすぎるんですね。

なので、相手にストレスを与えないコミュニケーションが取れるように英語での語順をしっかり身に着けたいところです。英文法で一番大事なのはここです。

まとめ:この基本がとにかく大事

日本人学習者には英語資格、特にTOEICを学習する人が多いですが、TOEICで高得点を取る人でも会話になるとこの基本的な部分が出来ていない人がいます。実際に私の知り合いにいるんです。

TOEICは高度な知識を付けていけば点が取れていきますが、英会話でとにかく大事なのはこの語順です。難しい単語をいくら知っていても、それが適切に配置されていないと意味が取れなかったり、取れても非常に疲れるものなんです。

ですので、これから英語を勉強される方は、とにかく語順を意識されるとよいと思います。

文法ルールが厳しいからこそ、それさえ覚えてしまえば「この単語を置いたら次はこーゆー単語しか置けない、それでこの後にはこれしか置けない」という風に文章を作る指針がはっきりしていて分かりやすいです。

英語は語順が命。これを覚えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA