英語が話せるようになる方法

あなたは今から英語を学び始めようとする人かもしれません。それとも、英語をずっと勉強しているけれども中々英語が話せるようにならないと悩んでいるかもしれません。

今回の話は私が実際に英語を話せるようになった英語学習に対する考え方をご紹介しています。独特な考え方なので、他ではあまり聞いたことがないかもしれません。

まずは英語が話せるようにならない理由を理解して、それから英語が話せるようになる方法を見ていきたいと思います。

マッキー

参考になったら嬉しいです

英語が話せるようにならない理由

日本人で、英語をある程度の期間勉強しているのに英語を話せないという悩みを持っている人は多いと思います。そんな人たちに共通しているのは...

勉強をしすぎている

日本人は英語を勉強しすぎている人が多いです。勉強していると言うと聞こえはいいですが。それはこういうことです。

英語を勉強しすぎる=「勉強」だけに時間を使いすぎている

前提としてあるのが、

英語は勉強だけしていても話せるようにならない

ということ。

マッキー

勉強するのはいいことなんですけどね

これを理解していないとドツボにはまります。勉強はしっかりやっているものだから、努力している気になってしまいます。でも努力の方向性を少し間違えてしまっている人は多いです。

勉強するのはいいことなんですが、英語を話すためには勉強以上に大事なことがあることがあるんです。

そして、そこに時間を使わずに、勉強に時間を使いすぎていることが危ういんです。時間の使い方のバランスが悪いということですね。

マッキー

勉強は英語が話せるために必要なことの半分でしかないんです

英会話はスポーツに近い

英会話の習得は学問というよりはスポーツに近いです。知識があるだけではダメなんです。つまり...

知っているということと、出来るということは違う

ということ。ここを理解していない人がいます。

学校の試験に回答するのは知識だけでいいんです。マークシートを塗りつぶしたり、英語を書くということは知識さえあればできます。

いかに効率よく回答するかといった受験テクニック的な部分は置いておいて、単にマークシートの穴埋めや解答欄に答えを書くだけなら技術は特に必要ありませんよね。

でも英語を話すには「話すためのスキル」が必要です。学問が「知識を入れる」だけでいいのに対して、英会話には「知識を入れる」+「それを取り出すための練習」が必要になるんです。

野球に置き換えると、「バットの振り方を教えてもらった」だけではだめで、「バットの振り方を教えてもらった」+「素振りをする」ということが必要ですよね。

バットの振り方を教えてもらっても振らずに、ボールの投げ方を教えてもらっても投げずに、カーブやフォークの投げ方を教わっても練習をしていなければ、、、

メカニズムは分かっている。でも出来ない。知っているだけだから。こうなってしまいがちなのが英会話学習です。文法は知っている、単語も知っている、でも話せない。知っているだけだから...

スポーツに必要なのは練習。知識を教わる量より実際に練習する量のほうが多くないといけないのは、スポーツをイメージすれば分かりますよね。

インプットとアウトプットの誤解

これを読んでくれている人の中には「それって結局、インプットとアウトプットをバランスよくしましょうねってことですよね?」と思われたかもしれません。

平たく言えばそうなんですが、「インプット」と「アウトプット」という言葉では、私の考える英会話習得に必要なことの内容が上手く表せません。

「インプット」はまだいいんですが、「アウトプット」という言葉は広すぎて、私が使う「練習」という言葉を上手く言い表せません。

練習はアウトプットとは違うの??

アザラシクン

マッキー

僕の言う練習はアウトプットよりも範囲が狭いんです。

それはどういうことかと言うと、アウトプットという言葉は英語を使ってさえいればアウトプットをしていると言うことができるから。

バーで知り合った外国人と話すのもアウトプットだし、友達と英語でおしゃべりするのも立派なアウトプットです。でもそれらは僕が思う英会話習得に必要な「練習」にはなっていないんですよね。。。

どういうことなのか、もう少し詳しく説明しますね。

英語が話せるようになる方法

私が実際に英語が話せるようになった過程で実践したことをご紹介します。

勉強と練習と本番

ここからが私の独特な持論なのですが、私は英会話習得に向けて頑張っている人達がやっていることは「勉強」と「練習」と「本番」に分けることができると思っています。

勉強はインプットと捉えてもらって構いません。何かの知識を学ぶことです。でも練習と本番はどちらもアウトプットと呼ばれるものです。

私はこの練習と本番の2つを分けて考えているんです。

スポーツに置き換えてみてください。「学んだ」あとに「練習」して「試合」へのぞみますよね?これと一緒です。

練習と本番の違い

私の言う「練習」というのは淡々と行われる反復練習のこと。野球の素振りなどがいい例です。同じことを何度も繰り返すものを練習と呼ぶことにします。

さて、先ほど例に出した「バーへ行って外国人と話す」とか「外国人の友達とおしゃべりする」とかは私にとって本番(=試合)なんです。

それは何故かと言うと、繰り返すことがないから。人と楽しく話している時に「あっ、今の文章言い間違えちゃった。ごめん、ちょっと10回同じ文章繰り返していい?」なんて言いません。言えませんよね。

つまり、会話はどんどん流れます。おしゃべりは楽しくするもの。あなたの英語がどうだったかではなく、ジェスチャーでも何でも意味が伝わればそれでいいはずです。もちろん英語が間違っていたって直されません。

英語でのおしゃべりは立派なアウトプットです。でもおしゃべりはコミュニケーションの「本番」であって、「練習」ではないんです。

英語を話せるようになる練習とは

「それが本番であっても練習になることはある。本番(スポーツでいう試合)から学ぶこともある。」

もちろんこう思う人もいると思います。本番から学ぶことがあるというのは大いにあると思います。スポーツでも、試合からでしか学べないことがありますよね。

そうだそうだ!本番だって役に立つんだ!

アザラシクン

でもですよ、スポーツやっていた人に聞きたいのですが、

試合だけやっていて強くなれますか?上手くなれますか?

試合は練習で身に着けたことを試す場であって、試合だけやっていても上達するには限度がありますよね。わたし中学時代にサッカー部だったのですが、試合形式の練習ばっかりで基礎練習おざなりだったので全然強くなりませんでした...

マッキー

基礎練習やらないからいつまでも弱小チームでした...

練習と呼べるのは「最低限の量の反復」がされたかどうかです。素振りをたったの3回やって「練習した!」とは言いませんよね。100回くらい振るんじゃないでしょうか。

英会話でも同じく、一つの文章を100回言ってみる。100回言えば大丈夫という話ではないのですが、週に一度一つの文章を2回や3回だけ口にしてもやっぱり英語は話せるようにはならないということを伝えたいんです。

おしゃべりだけじゃいかんということか...

アザラシクン

大事なのは反復の量

おしゃべりは、私の中では本番といいました。それは繰り返すことができずに会話の流れにそってその場その場で新しいことを言っていくから。

でもおしゃべりの量がとてつもない場合には話は別です。「一日8時間外国人の友達と話しっぱなし。それが週に5日。会話のスピードも申し分ない速さで進む。」←これなら「練習」と言えるでしょう。

結局のところ、足りないのは量なんです。「英語を勉強した量」ではないですよ。「英語を話した量」なんです。

だからアメリカに留学したってあまり話さなければ何年いても話せないし、日本にいても練習しまくれば英語はすぐに話せるようになるんです。

これは断言できますが、英語を話せるようになった人は英語を話せないままの人の10倍以上、実際に英語を口にしたはずです。

マッキー

本当は100倍と書きたかった...実際100倍だったりします。

私以外でも「英語を話せるようになりたければ、英語を実際に話しましょう」ということを言う人がいます。

こう聞くと、なにを当たり前のことをと思う人もいるかもしれませんが、実際はその当たり前なことが出来ていない人が多いです。

英語に触れている時間は多いかもしれません。でもストップウォッチを使って「英語を実際に話していた時間」を正確に測って見てたとしたら、実際は圧倒的に少ないはずです。

私がしたのと同じ量の英語を口にして(練習して)、それでも英語が話せないという人はいないはずです。英語が話せないと悩んでいる多くの人は最低限必要な量に達してないんですね。

だからあなたにも出来ます。やれば英語は話せます。

英語が話せるようになる方法は「実際に英語を話すこと」、そして「単なるおしゃべりではなく練習すること」です。

マッキー

英語を口から発する時間をとにかく増やそう!

最後に

英語が話せなくて悩んでいる人は、話す量が大事という意識がなかったり、もしくはそれが大事なのは分かっているけどどうやって練習すればいいのかが分からないのだと思います。

普通の英会話スクールに通っても意味がありません。あれは勉強するところであって、練習するところではないからです。時間数が少なすぎて勉強としても練習としても中途半端な状態です。

もし今回の内容を読んで、「よっしゃー!練習に明け暮れるぞ!...でもどうやってやったらいいんだ。。。」と思った人にはこちらを紹介しておきます。

英語を話すための基本論理が自然に身に付く!
ドクター木下の英語スピーキングプログラム。

YCS(YouCanSpeak)という名前の英語スピーキング習得プログラムで、ドクター木下という同時通訳もこなす英語ベテランが開発しました。この教材は英語が話せる人から見たら、「あーこれは効果あるね」と思うような内容です。英語が突然話せるようになるといった魔法ではないですが、これをやれば英語スピーキング力が確実に上がること間違いなしという作りになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA