発音を学ぶと英会話学習はこんなに変わる

あなたがもし英語を話せるようになりたいと思っているのであれば、発音をある程度しっかり学ぶことをおススメします。

発音の習得はそれなりに時間がかかるので、英語を学ぶ理由がちょっと海外旅行するだけといった方であれば話は別ですが、きちんと英語を学ぶのであれば発音の練習をおろそかにしない方がいいです。

発音を学ぶべき2つの理由

英会話学習者の中には発音をあまり意識していない方多いと思います。でも、発音はある程度身につけておいたほうがいいですよ。その理由を見ていきましょう。

自分の英語が分かってもらえない

発音を軽視する人の中には、「発音は通じればそれでいい」という考え方があると思います。

それ自体は私も同感なのですが、実際には皆が思っている以上に日本人の発音は通じないものです。

でもそんなに上手くないワテの発音でも通じてるけどな

アザラシクン

マッキー

えっ?!そうですね、これは相手が誰かにもよります

例えば学校の先生など、日本人の英語にもの凄くなれている人や日本人相手に英語を教えているような人であれば日本人英語でも分かってくれることが多いでしょう。

でも、英会話を勉強しているからには英会話学校の先生とだけ話したいわけではないですよね。どんな人とでも話せるように英会話を学んでいるのだと思います。

マッキー

日本語発音だと、英語話者からすると何を言っているのかが非常に分かりづらいです

留学生でこれを経験した人は多いと思いますが、学校の先生とは問題なく話せるけど、一歩学校の外に出て英語を話そうとすると会話が成立しないという方は大勢います。

日本語の発音は英語の発音とかなりかけ離れているのでそのままでは日本人英語に慣れていない人には全然通じないはずです。

なんか実体験でもあるんかい?

アザラシクン

マッキー

そうなんだよ。日本にいる外国人は日本人英語に慣れてるけど、アメリカとか行くと本当に分かってくれないんだよ。

もちろん基本的なやりは多少発音が間違っていても通じます。例えば、ホテルで Could you get me a taxi ? などと片言の英語で言ってもシチュエーションもあることだし理解してもらえるはずです。

ただし、そういった定型表現でなくなると途端に通じなくなります。注文したものと全然違うものが出てきたとか良くある話ですよね。

マッキー

先生は慣れてるから分かるけど、一般人は分かってくれないんです。

自分は日本にいる外国人としか話す予定はないからという場合には、ある程度理解してもらえるかもしれませんし、ずっと一緒にいる人であればそのうち慣れてくれるとは思います。

ただし、簡単なやり取りならともかく、込み合った話をしようとする場合にはやはりある程度の発音力は持ってないと相手にストレスを与えてしまうことになるでしょう。

リスニング力に影響する

私が発音学習を始めたきっかけがこれでした。

自分が発音できる音は聞き取りやすくなる。つまり、発音を学ぶことでリスニング力が上がるということを聞いたんです。

マッキー

確か本屋さんで英語の本を見てたらそんな感じの本があったんです。

自分で発音できる音が聞き取りやすくなるのは本当です。単語の発音もそうですが、アメリカ英語で特に顕著な音の変化を学ぶのも非常に有効です。

私も、ネイティブが使っている音の変化を自分で使うようになってから海外ドラマを見ていても英語が非常に聞き取りやすくなりました。

マッキー

ドラマの英語が分かると楽しみながらドラマで英語が学べます。

英語を学ぶ人の中には、ネイティブの英語が早すぎて聞き取れないと悩んでいる人も多いのではないかと思います。映画を字幕なしでみたいけど難しすぎるとかよく聞きます。

リスニング力を高めるといいことがあります。それは海外ドラマや映画を楽しみながら見るだけで英語力を伸ばしていけることです。

英語がペラペラな人に「あなたはどうやって勉強したんですか?」と聞くと、結構多くの人が「あまり勉強した記憶はないですね。ドラマとか見てたかな」なんて言うんです。

おー、確かにそんな人たちおるおる。

アザラシクン

これは全部が全部鵜吞みにはできないのですが、英語リスニング力が上がった結果として勉強の仕方がシフトして、まじめな勉強をしなくても英語力が向上するという良いスパイラルに入ったからだと思われます。

マッキー

実は私も「ドラマ見てましたね」って言ったことあります(/ω\)

私自身、最初の半年~1年は結構しっかり勉強したものの、そのあとはずっとドラマ見て英語力を上げていました。なので「勉強」と意識することはなくなるんです。

ここで言う「英語力アップ」というのはドラマに登場する新しい英単語とかフレーズを学ぶということですね。基礎ができてしまえば後は単語や表現を増やすだけなので、こうなってしまえば英語学習は超楽ちんです。

ワテも、はよそうなりたいわ。

アザラシクン

ですので、発音を良くしたいからという理由ではなくリスニング力を鍛えるために発音を練習するというのはありだと思います。

最後に

英語の発音って、好きな人もいる一方で毛嫌いしている人もいるんですよね。

発音が上手くなりたいって思っている人は放っておいても発音練習するのでいいんですが、もし発音には全然興味がないという人がいたとしたら、メリットがあるんだということだけは知っておいてほしいところです。

やはり多言語を勉強するとなると発音は一つのネックになります。例えば中国語なんて発音(というか音のトーン)を間違えたら本気で全く意思疎通ができなくなります。

中国語の発音とトーンはマジで難しいよな。

アザラシクン

英語ではそこまでではないにしても、やはり発音は無視できない問題であることは変わりません。

発音に興味がなくても、相手の英語が聞き取れなくては困ってしまいますのでリスニングのためだと思って取り組んでみると、のちのち良いことがあると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA