フィリピン留学の魅力

最近では「海外へ英語を学びに行きたい、留学する予定だ」という人はフィリピン留学という言葉に出会うのではないでしょうか。

マッキー

フィリピン留学は大分知名度が上がりましたからね

私はフィリピンではマニラ・バギオ・セブ島の3大留学エリア全てに滞在したことがあります(勉強したのはマニラで、マニラ・バギオ・セブでは勤務経験あり)ので、

フィリピン留学という言葉は聞いたことあるものの、まだあまり内容が分かっていないという人に対してフィリピン留学の魅力をお伝えしようと思います☆

フィリピン留学4つの魅力

フィリピン留学を語る上でこの4つは外せません。一つずつ見ていきましょう。

留学費用が安い

フィリピン留学と言えばその費用の安さが衝撃的です。

格安留学というものが知られる前は留学と言えば欧米留学でしたが、アメリカにしてもイギリスにしても3ヶ月で100万近くかかっていたものです。

(うちの兄がアメリカのサンフランシスコ、姉がカナダのバンクーバーへ留学したら、それぞれ3ヶ月で100万ぐらいの費用でした)

マッキー

3ヶ月だけなので兄と姉はそこまで英語が上達しませんでした...

フィリピン留学だったら100万円あれば半年以上行けるはずです。

これは発展途上国としての物価の安さと人件費の安さによって実現されています。

これは欧米留学の半額以下で、下手したら3分の1ぐらいにもなったりします。

やっぱりアメリカやカナダなどの先進国だと講師の給料が高いですからね...

マンツーマンで学べる

フィリピンに限らず、最近では格安英語留学国として欧米留学の半額以下で留学できる国が知られてきています。

有名どころだとフィジー、マレーシア、地中海のマルタなどなど。

それらの国はだいたい物価と人件費が安いことで留学費用もフィリピン留学と同じくらいだったりします。

マッキー

その他にもインドとかあるかも

でも一つだけフィリピン留学とそれ以外の格安留学国で決定的に違うことがあります。それが

マンツーマンレッスンです。

フィリピン留学では、授業は基本的にマンツーマンが主体なんです。これは英会話学習においてとてつもないことです。費用対効果でいうと圧倒的な差があります。

マンツーマンが当たり前ってのはすごい。

アザラシクン

マッキー

英語のスピーキングを伸ばすにはやっぱりマンツーマンでないと!

英語ネイティブの国では人件費の高さからマンツーマンは無理ですのでグループクラス主体です。そして世界中みてもマンツーマンが基本になっているところはフィリピンくらいです。

格安留学国でグループクラスを受けるのは単純にノンネイティブから教わるから安いという欧米留学の劣化版になるのですが、フィリピン留学だけは違うんです。

金額だけで比べるのではなく、レッスンの中身まで見てみたらフィリピン留学は格安留学国の中でも群を抜いています

フィリピン人の英語力

フィリピンが他の格安国と異なる点がもう一つあります。それは英語力の高さ。

フィリピンは現地の言葉もありますが、英語が公用語になっています。

そのため政府系の資料は全て英語だし、学校でも英語で授業を受けるレベルです。

おお。。。それはすごいな。

アザラシクン

マッキー

もちろん全員が全員英語力高いわけではないですけどね。タクシーの運転手とかはあまり英語できないし...

英語が公用語になっている国はいくつもあります。フィジーもそうですね。

でも実際にそれぞれの国の人の話す英語を比べてみると、英語力の高さではフィリピンがこれまた群を抜いて1番でしょう。

非常に綺麗なアメリカ英語を話すのがフィリピン人講師の特徴です。

これまでアメリカなどの会社は、人件費が安くて英語が話せる人口の多いインドに対して、コールセンター業務をアウトソーシングしてきました。

でも今ではフィリピンに欧米のコールセンター事業がどんどん増えています。

マッキー

ちゃんとした教育を受けたフィリピン人は英語が話せて、更に一部の人たちはネイティブとほとんど変わらないレベルです

フィリピン人の英語力についてはこちらで詳しく書いています。

フィリピン人の英語力

フィリピン人の性格

フィリピン人の性格で特筆すべきはホスピタリティーの高さです。

といっても、隅から隅まで気が利いて最高のサービスをしてくれるということではありません。

サービスに関しては日本人ほど細かい民族もいないので、日本基準で考えたら海外で素晴らしいと思えることは少ないです。

マッキー

海外って結構適当ですからね。日本人が細かすぎるとも言えるけど...

では何が素晴らしいかと言うと、忍耐力という意味でのホスピタリティーです。

フィリピンはスペイン・アメリカ・日本の占領を受けた国で、厳しい状況下の中で生きてきた人たちです。

日本人は色々なことに完璧を求めがちですが、彼らは完璧とは程遠い環境の中で明るく生きています。

それがどう繋がるかと言うと、英語が出来ない人たちにも寄り添って非常に面倒見よく教えてくれます

明るく陽気で細かいことは気にしない。純粋な性格の持ち主と言ってもいいでしょう。

先生という関係以上にとても良い友達となっている人たちも多くいます。

マッキー

フィリピン人は親日なのもポイント高いです

最後に

私自身、フィリピンで英語を勉強したこともあるし、フィリピンで働いたこともありますのでフィリピン留学の良さを身をもって知っています。

アメリカやカナダ、イギリスの学校を見てきたこともあるので、英語ネイティブの国へ留学するよりもフィリピン留学をしたほうがコストパフォーマンスに優れていることを知っています。

数年前のことですが、私はイギリスのロンドンで日本人の若者と出会いました。彼はアメリカのサンフランシスコへ留学することが決まっていたのですが、

私がフィリピン留学のことを話すと、なんとアメリカ留学をキャンセルしてフィリピンへ留学しました。

彼はその後アメリカへも行ったようですが、まずフィリピンで勉強して話せるようになってから行ったことによってアメリカでの生活がより良いものになったようです。

フィリピン留学は安かろう悪かろうではなく、コスパ最高の留学先です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA