【フィリピン留学】伸びない理由

【フィリピン留学】伸びない理由

フィリピン留学をしても思ったよりも英語が伸びないということは多いです。

マッキー

留学が終わって「期待してたよりも英語伸びなかった」という人を沢山見てきました。

そもそも英会話がそんなに簡単ではないということもあるかもしれませんが、

実はあなたの英語が伸びない理由は学校にもあるかもしれません。

それは次の3つの理由から。

  1. 中身が薄っぺらい学校も多い
  2. 学校関係者の英語力が低い
  3. 学校関係者が英会話学習について分かっていない
  4. 英語学習の中身でなく施設や娯楽で売ってるところがほとんど

フィリピン留学 伸びない理由(学校編)

伸びない理由1.中身が薄っぺらい学校も多い

フィリピン留学が有名になるにつれて学校を作りたいという人も増えました。

しかしその中には中身が何もないのに学校を作ってしまった人たちも沢山います。

お前がよく言ってる「英語が話せるだけの人たちを集めた学校」ってやつか。

アザラシクン

フィリピンの語学学校の微妙なところは、

英語教育に情熱があるわけでもない人たちがビジネスしたいがために学校を建てる場合があるからです。

マッキー

学習法に独自の工夫がないところは微妙ですよ。

資金があって「学校」という名の箱を作れれば、あとはそこに英語が話せるフィリピン人を先生として入れるだけで「なんちゃって学校」を作れてしまいます。

でもそんな学校だったら放っておいても消えてしまうんじゃないかと思うことでしょう。

しかし...

留学というのはリピーターよりも新規顧客で成り立つビジネス

そう、留学代理店(留学エージェントとも言う)が頑張って生徒を送ってくる限り生き残っていくんです。

しかも、ほとんどの生徒は学校を移動することもないから、他の学校との比較もできないためその学校が他と比べていいかどうかも分かりません。

楽しい留学だったと本人が満足して帰るのであればそれでいいとは思いますが、肝心の英語が伸びずに帰る人たちは多いです。

あなたはそれでもいいでしょうか?

伸びない理由2.学校関係者の英語力が低い

そしてもう一つの問題として、語学学校関係者たちの英語力が低いことが言えます。

フィリピンの語学学校は関係者も英語力がフィリピン留学生レベルのところが多いです。

またオーナーや運営に携わる人の英語力がビギナーレベルのところも少なくないです。

マッキー

オーナーが英語学習の専門家を雇っていて、学校運営に口を出してなければいいんですが。

中には「それがどうしたの?実際に教えてくれる先生たちが英語できれば別に問題ないでしょ?」と思う人もいるかもしれません。

というか、実際に運営側も生徒側も皆そう思ってるから学校として成り立っているのでしょう。

が..........

それは大きな間違いです。

実はその考え方では日本人が英会話できるようになるわけがないのです...

伸びない理由3.学校関係者が英会話学習について分かっていない

ここが重要

日本人の英会話学習では教わっている英語が正しいかどうかということよりも

その学習の仕方・方向性が正しいかの方が重要です。

先生が正しい英語さえ教えてくれればいいというのではないんです。

マッキー

勉強の仕方や順番を間違えてたら、例えネイティブから習っても伸び悩みますよ

英語が得意な人と英会話の学習法を分かっている人は別です。

フィリピン人は大人になってから英語を勉強したわけではありませんし、

母国語も我々とは異なるので前提条件が異なります。

フィリピン人は英語の聞き取り能力も高いため、同じ勉強法が日本人にとって効果的であるとは限りません。

日本人に効果的な学習法が必要

英語ができる先生に単に教えてもらえばいいのではなく、日本人に効果的な学習法を分かっている人がカリキュラムを作り、それを先生に指導することが大事なんです。

学校関係者が英会話上級者でないということはイコール、英会話の効果的な学び方を分かってないということ。

分かってたら既に自分たちが上級者になってるはずです。

英会話上級者になってない人たちは勉強の方向性を間違っていることがほとんどですので、その人たちが推薦する学習法は危険です。

ですので効率の良い学習カリキュラムを作るためには学校関係者に英会話上級者が必要なんです...

伸びない理由4.英語学習の中身でなく施設や娯楽で売ってるところがほとんど

フィリピンの語学学校のHPを見ても何をやっているのかが全く分からないことが多々あります。

〇〇メソッドがあります!とか、スピーキング特化クラス!とか、言うだけなら誰でもできますが実際に効果的なものなのかどうか具体的な情報がありません。

確かに肝心な英語学習の中身が書いてないところって多いよな。

アザラシクン

マッキー

そこって一番だいじなところですよね...

留学エージェントや学校独自のHPどちらを見ても、

コースの時間数の内訳や大まかなカリキュラムにしか触れていなかったりします。

その学校の特徴はロケーションや施設の内容ばかりで肝心の学習方法はどこにあるのか...

マッキー

快適な生活ができるかは大事ですけどね。でもあまりにも偏っている気が...

フィリピン留学 伸びない理由(生徒編)

ちょっと学校の悪口みたいになってしまいましたが、もちろん中には生徒(留学生)側に問題がある場合もあります。

生徒が自分の学習法に固執している場合

語学学校の側が効果の出る学習メソッドを持っていることを前提にしますが、

生徒側が伸びない勉強法に固執する場合というのがあります。

日本人が知っている英語の勉強法というのは間違っているケースが多いです。

(これは日本人が身をもって証明していると思います。だから日本人は英会話苦手なんです。)

結果の出る方法を知ってる人が大半なら、もっと皆英語が話せてるはずってわけやな。

アザラシクン

マッキー

おっ!アザラシ君も段々分かってきましたね。

結果を出してない人の常識というのは、結果を出した人の非常識だったりします。

逆を言えば、効果的な勉強法は学習者にとって非常識に聞こえてしまう可能性があります。

その場合に、自分が知っている学習法に固執して耳を傾けないとか、言われていることを素直に実行できないとかあり得ます。

まずは学校のやっていることが正しいかどうかを信頼できるかどうか。そして信じると決めたら素直に実行することです。

まとめ:フィリピン留学 伸びない理由

フィリピン留学で英語が上手く伸びない場合、

  • 自分が素直に行動できているかどうか

もそうですが、

  • そもそも選んだ学校が効果的な学習スタイルを持っているかどうか

が重要です。

フィリピン留学を成功させるためには学校を選ぶ側も賢くならなければいけませんね。

エージェント(留学代理店)任せにしてませんか?

そのエージェントは英語学習の効果的な方法を知っているのでしょうか?

何を基準に学校を紹介しているのでしょう?

もし学校選びに不安があるとしたら、こちらも参考にしてみてくださいね☆

⇒【フィリピン留学】失敗しない学校の選び方(coming soon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA