ダイレクトメソッドで英語を学ぶ長所

外国語を学ぶときに最も効果的と考えられているダイレクトメソッド。今回は、ダイレクトメソッドで英語を学ぶことの長所について書いていきたいと思います。

この記事ではダイレクトメソッドそのものの解説はしていないので、ダイレクトメソッドについてまだ理解が曖昧だという方はダイレクトメソッドとはという記事を読んでいただけたらと思います。

少し変わった目線でダイレクトメソッドに切り込んでいます。中々私と同じことを言っている人はいないかと思いますので、参考になると思ってもらえる人もいるのかなと思います。

ダイレクトメソッドの長所・効果

ダイレクトメソッドの長所は、何といってもその英語の学びやすさでしょう。英会話学習者の中には〇〇嫌いという方が大勢おられます。それらの解決策になりうるのがダイレクトメソッドです。

文法嫌いの人に効果あり

英会話学習者の中には英文法と聞くともう嫌になってしまうような文法アレルギーの人がいます。ただ、文法アレルギーの人は文法が嫌いというよりも学校教育時代に体験した文法学習が嫌いという方が多いようです。

英文法自体は意味の通じるコミュニケーションのためにとても大事なものですが、その学び方は一つではありません。英文法を日本語で学ぼうとすると文法用語が飛び交うんですよね。例を出しますね。

日本語で文法を学ぶと

この話は少し頭のスイッチをオフにしながら読んでいただいたほうがいいかもしれません。私は英語を教える立場にありますので文法事項の日本語での名称などを覚えていますが、英語の先生や英会話講師になるのでなければこれらの専門用語を覚えることには意味がないと思っています。ゆるーく読んでみてください。

  • I go to school. は現在形
  • I’m going to school. は現在進行形
  • I’m going to go to school. は未来形(※未来形は他にも沢山ある)
  • I went to school. は過去形
  • I was going to school. は過去進行形
  • I have been to school. は現在完了形
  • I have been going to school. は現在完了進行形

これらは時制と呼ばれる英文法事項の中のほんの一例ですが、まだそこまで難しい用語が使われているわけではありません。でも勉強が進むと、「時制の一致」とか「仮定法過去完了」とか「関係代名詞」とか「関係副詞」とか日本語で聞いてもよく分からない言葉が飛び出します。これでは嫌になっても仕方ないですよね。

勉強嫌いの人に効果あり

英会話を学ぼうとしている人の中には、文法に限らず勉強というもの自体が嫌いだという人も多いです。これもまた同じことですが、勉強嫌いの人というのは学校教育でしてきた勉強が嫌いということが多いです。

つまり、新しいことを学ぶのが嫌いなんじゃなくて、つまらない勉強の仕方が嫌いだということです。例えば学生時代は英単語を辞書で引いてその意味を調べ暗記するだとか、教科書に英単語と日本語の意味が並んでいてそれを暗記するだとか、日本語を介して英語を暗記していく作業をしていました。

ダイレクトメソッドなら日本語と見比べて暗記するという作業ではなく、あまり勉強していると意識することなく自然と英語を覚えていくことができるというのがメリットの一つです。

ダイレクトメソッドの問題点

これまでダイレクトメソッドの長所を見てきましたが、実は少し残念なお話もあるんです。

ダイレクトメソッドで学べればいいのだけれど

先ほど書いたことの復習ですが、日本語で文法を学んだ場合には、私たちにとって母国語である日本語でも理解するのが難しいような文法用語が出てきて抵抗感を感じるのも無理はないという話をしました。

上のような文法事項をダイレクトメソッドで取り扱う場合には、講師自らが体を動かしたり、イラストを見せたりしてどのタイプの文章がどんな意味の違いを出しているのかを生徒自身に理解させるように働きかけます。

これは勉強嫌いや文法嫌いの人にとっては夢のような勉強方法だと思います。

ただし、こういった夢のような学習スタイルを確立させていてるところを私は知りません...

まだ出来ていないんです

ダイレクトメソッドを取り入れている学習法というのは多々あるものの、それを完成させているところというのは聞いたことがなく...

「この〇〇メソッドを実践しさえすれば英語学習はバッチリです!」というような魔法のメソッドは存在していないのが現状です。もしあればそんなメソッドはとても有名になっていて、そしてかなり多くの日本人が英語ペラペラになっているはずですよね。英語業界でも一人勝ちするはずです。

今後ダイレクトメソッドを完成させたような画期的な学習法が開発されることに期待したいところです。

完璧ではないけれども

「なんだ、ダイレクトメソッドって完成してないのか...期待しちゃったのに損したな」という方がいるかもしれませんが、完ぺきではなくてもダイレクトメソッドの要素が入っているメソッドというのはいくつかあります。

有名どころではカランメソッド、そしてカランメソッドから派生したDMEメソッドが挙げられます。(DMEはDirect Method for Englishの略)

これらのメソッドを受けていてストレスなく簡単に英語を理解していくことができるかというと、必ずしもそうではないと思います。必要に応じて自分で勉強しなければ分からないところも出てくるとは思います。

ただし、この2つのメソッドは今まで日本で存在していた特に特徴のない英会話スクールでの学習法に比べれば、かなり画期的で効果も高い学習法であることは間違いないです。

通常の4分の1の速さで英語が習得できるとされるカランメソッドと、それをさらに改良したDMEメソッド。この2つのメソッドを同時に扱っているスクールは現在一つしかありませんので紹介しておきます。

オンライン英会話のイングリッシュベル →  最新のダイレクトメソッド「DMEメソッド」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA