すぐにでも英語が話せるようになりたい人は読むべし

「英語の勉強が大変なのは分かってる。でも自分にはそんな時間はない、とにかくすぐに英語を話せるようになる方法はないの?!」と思っていませんか?

ギクッ!としたあなた、その気持ちは分かります(笑)

「そんなものありません。英会話は難しいし時間もかかるんだから地道に努力努力」って言いたいところですが...実はないこともないんですよね

ちなみに、たった数ヶ月でネイティブレベルの英語を身に着ける方法というのは...すみませんが僕にはわかりません。 

よく教材とかでそんな魅力的なことが書いてあるのですが、あれはちょっと誇大広告気味なのと、実は多少英語が話せるようになっただけでネイティブレベルには至ってないと思います。

でも、ここにヒントがあるんです!

 

すぐ英語が話せるようになるには

単に頑張るだけがいいことではなく、効率的に必要なことだけやって短期で結果を出すことも大事です。でないと挫折しますし(笑)

すぐに英語が話せる実感を得るコツを見ていきましょう!

英語が話せるってどういうこと?

あなたにとって「英語が話せる」というのは何を指してますか?

みんながみんな「ネイティブのような発音でネイティブ並みに英語を操りたい」なんて思ってないわけですよね。

英語が全く話せない人にとっては、以下の動画のやり取りでも「十分英語が話せている」と思うのではないでしょうか?

このぐらいの会話を成立させるだけだったら、ものすごく短期間でマスターできます。

数か月でネイティブ(英語ペラペラ)になりました!みたいなものって、見せる部分(必要な部分)だけに集中して学んでいたりするものです。

要は勉強の仕方だったり学ぶものの順番だったりがその人その人の必要なものにかっちりはまると結果が出やすいわけです。

一般の英会話スクールなんかは大量生産の商品を売っているようなものです。

あなたが必要とするものだけにカスタマイズできないので遠回りしてしまうことも多いですね。

 

目的を絞りましょう

まず「英語で何でも話せるようにしたい」というのはハードルが高いので止めておきましょう。これをするには1年や2年かかります

「英語で日常会話がしたい」っていう漠然とした希望もこれとほぼ似た意味なので、これももう少し絞る必要がありますね。

英語を使って一番何をしたいのかだけに集中しましょう。バーで金髪美女を口説きたいならそれだけ。訪日外国人相手のビジネスをしているならそれだけ。

2番目、3番目にやりたいことは追い追い身につけましょ。

絞って絞って絞りまくる

学びたいことは旅行英会話です!これではちょっと広すぎます。

勿論トラベル英語をすべて身につけれるに越したことはありませんが、あなたは手っ取り早く英語を話せるようになりたいと思ってるので、もっと絞りましょう。

この場合であれば、どこの国へ行きますか?どんな場面ですか?どんな会話内容ですか?もうこれ以上絞り込めないよというところまで必要なことを書き出してみましょう。

そして必要なことだけをやりましょう

 

その英文で使われてる文法が現在なんちゃら系とか気にしなくていいんです。使えてればいいんですから。

英語講師になりたいわけでなければ文法なんて知らなくても使えてればいいんです。

(これ言うと、知らなくていいんだーヤッホー♪ってなりそうだけど、知らなかったとしても正しく使えてることは大事ですからね)

絞り込んだことで覚えるべき英文が確定したら後はひたすら実際の状況をイメージしながら言えるように練習するだけ。

必要なのは自分のやりたいことを明確にすること。上手なカウンセラーに引き出してもらえたらいいのですが、そういった相手がいなければ自問自答してみましょう。

そしてやりたいことが分かったら必要な英文を見つけて後はとにかく繰り返し言うこと。何も考えずにただ繰り返しても駄目なので実際の場面を意識すること

イメージするのが得意でないならパートナーが必要かもしれませんね。

 

手っ取り早く身に着けるには

英語コーチングという選択

ここまで聞いて「面倒くさい...自分一人で出来る気がしない...」と思ったなら、英語コーチングの出番かもしれません。

英語コーチングとは、あなたのニーズだけを考えてそのための勉強法をオーダーメイドしてくれるものです。

スクールの形態をとっているものもありますが、個人で活躍されている方も大勢います。

 

一般的な英会話スクールでは先ほどのような細かい対応ができないんです。普通の英会話スクールはいわば大衆料理屋さん

決められたコースが用意されていて、その内容についても多くの人を相手にするために一般的なカリキュラムにするしかありません。

そんな英会話スクールでは、カウンセリングと言ってもそこまで深堀りしません。(深堀したところで対応できない

それとは違い、あなたのニーズに合った学習法の提案ができるのが英語コーチたち。

家庭教師みたいなものなので英会話スクールよりは高くなりますが、手っ取り早く英語をすぐ話せるようになるには有効です。

「英語コーチ + 地域名」で、お住まいの地域の英語コーチを検索してみるといい出会いがあるかもしれませんよ。

マッキー

ちなみに私でよければこちらの問い合わせからどうぞ💦

独学で頑張るという人はここに注意

英語を話すときに日本語を考えないようにするということを言いますね。

それは理想ですが、英語で一からすべて考えられるようにするにはそれなりに時間もかかります。

すぐにでも英語を話したければ日本語を翻訳して英語を話すことになると思いますが、その時に注意するべきことがあります。

完璧を目指すのはやめましょ

日本人は日本語のネイティブなので当然レベルの高い日本語を話すことができます。

それをそのまま英語にしようとすると確実に英語力が足りなくなります。英語では我々は赤ちゃんです。

ですので、まずあなたがついつい考えてしまう大人の日本語を子供が話すような日本語へと変える必要があります。

子供の日本語を英語に変えることはそこまで難しくありません。

 

例えば「水を頂けますか」を英語にしようとすると「頂くって何て言えばいいんだ」と悩んだりしますよね。

そもそもこれは大人の日本語なので、子供であれば「水が欲しい」とか「水が飲みたい」なんて言うでしょう。それなら、I want water. とか I want to drink water. なんて簡単に言えます。

もちろんいつかは勉強が進んで Could you get me some water? とか I was wondering if I could get some water. などの「水を頂けますか」的なことを言えるようになるでしょう。

でも今はまだ英語では子供レベル。それなのに無理に難しいことを言おうとするから英語が中々話せるようにならないんです。

目標が高ければ体系的に学ぶのは大事だけど...

よくありがちなのがコレ。

「英語を話せるようになりたいんですね?日常会話できるようにしたい?じゃあまず、とにかく基本が大事なんで、英単語を沢山覚えてもらって英文法も中学1年から3年まで覚えて、そのあとは高校英文法もやったほうがいいですね!あっそうだ、日記も英語で書きましょう!自分の成長が分かるんでTOEICとかも受けてみたらいいですよ。あっ他にもこんな学習法も...」

 

はい、1年コース確定です。厳密には上に書いたことをやると5年コースか10年コースになってしまうかも。

ネイティブと互角の英語力を身に着けたいという強い思いがあったりしたら1年コースで体系的に学ぶのはありです。

でも、英語や英会話をマスターしようとすると体系的に学ぶことになるのですぐには結果が出ません

その分頑張れば後々ものすごく話せるようにはなるんですが、でも皆が皆そうではありませんよね。

そんなの必要ないって人も

「そんなの待てなーい!ってかそもそもそんな英語力要らなーい」という人には体系的に学ぶことが逆にあだになってしまったりします。

昔、自分が英語を話すときに使っている英文法の種類を体系的に図にしてみたことがあるのですが、それを見た生徒が魂抜けそうになってました(笑)

ゴールが遠すぎるとモチベーション維持も中々大変です。

本音では何でも言えたらいいなーと思っていても、まずは自分に必要がありそうな会話ができるように学ぶことを絞るのが得策です。

 

今回のポイント

今回のポイントをまとめるとこんな感じ。

  • 目的を絞って必要なことだけをする
  • 難しいことを言おうとしない
  • 独学が無理なら英語コーチという手も

日本では何故か英語を話せるとモテたり尊敬されたりという不思議な現象が起こります。

もしもあなたが人から「英語ペラペラだね!スゴーイ!」と言われたければ、とにかく簡単な文章をスラスラ言えるようになりましょう。

それだけ身につけてしまえば英語が話せない人からしたら、あなたは雲の上の人に見えるはずです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA