「恩知らず」は英語でなんて言う?

「恩知らず」は英語でなんて言う?

グーグル翻訳では「ingratitude」と出てきます。

inguratitude の他にも、「thankless」 や「ungreateful」など辞書では出てきます。

この中から、実際にネイティブが使った表現をご紹介します。

 

I’m ungrateful and I’m so sorry.

 

これは「Lady Bird」という映画で登場した表現で、「わたし恩知らずで本当にごめんなさい。」という意味です。

 

MEMO
grateful が「感謝をしている状態」「ありがたく思っている状態」なので、その逆を意味する un が先頭についた ungrateful は「感謝してない=恩知らず」ということですね。

 

Lady Bird はこんな映画です

 

映画「レディ・バード」の日本版公式予告はこちら

 

英語オリジナルのオフィシャルトレーラー(予告編)はこちら

 

さて、冒頭で紹介した「thankless」という単語ですが、こちらはモノに対して使われることが多いようです。

 

Cambridge Dictionaryには以下のように記載されています。

MEMO

unlikely to be appreciated

感謝されそうもない(モノ)

 

usually said about a job or some work

たいていは仕事などに対して使われる

 

A thankless job is difficult or unpleasant, and people do not thank you for it

thankless job (感謝されない仕事)とは難しくて不快で人がそれに対して感謝しないを言う。

 

ということで、thankless はどちらかと言うと(100%ではない)、感謝されない物に使われる場合が多いようです。

 

 

では、グーグル翻訳で出てきた「ingratitude」はと言うと、同じくCambridge Dictionaryを見てみます。

 

MEMO

the fact that someone is not grateful for something

人が何かに対して感謝してないさま

 

lack of appreciation for help that has been given

受け取った助けに対して感謝が足りていない

 

これはかなり「恩知らず」という意味にピッタリですよね。

ただし、I’m ingratitude という言い方がほとんど見つからず、多くの場合は第三者について話すときに使われている印象です。

※こちらはネイティブに確認を取って追記しますね